5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

「私はメーテル…」のガイドライン(第9部)再出発!

1 :水先案名無い人:2007/02/04(日) 18:40:02 ID:t6wkmP6r0●
車掌「え〜、まもなく新スレ、新スレに移ります」 鉄郎「えっ、新スレ??」
メーテル「私の名はメーテル… 前スレは不本意ながらdat落ちしてしまったわ…
 書き込んでくれたメーテルズや他の皆さんに感謝するわ… それじゃあ、車掌さん、
 再出発しましょう…」 車掌「分かりました。メーテルさん」

前スレ「私はメーテル…」のガイドライン(第9部)
http://ex20.2ch.net/test/read.cgi/gline/1160136573/l50

メーテル「他板の私達のスレへの乗り換えはこちらから行くといいわ…」
惑星メーテルズ(リンク先の頭にhをつけてね…)
ttp://maetels.hp.infoseek.co.jp/

      }                     }
     }                    /  o ゚.私はメーテル…
.     〉'' ,、,,,__               ノ} 。 :∴ 私の謎について質問
     i ムツッ=,ニ_゙゙"''‐- 、、,,,__,,..,,,.. -‐'''"/ 。 X,,     に答えるわ…
     l {{ ハ` `゚'~`  ,‐-,ニ二ヾ,,_ヽ   /   i'(_,.l\   詳しくは>>2-6辺り
      〉、`ハ    }  ` `゚'゙゙” }}'゙   ,'    ti=ti、iiヽ を見てね…
.     / ハヽハ  ノ       //    {      ゙ヾヽ}
    / /ハヽヘ  `、_   (Cノ/  /  ハ      ノラ
   / // } Y゙\ `   Cノイ  /    \    〆'
. / / / /  ,ゞ,, `-‐ ''´〆⌒ヽ{  ,' ハ   \
 ;''"''ヾノ /_,/  `'' ァ''7/     \l l ヽヾ   \
 ゞ..,,.'' ̄//    ''´ //       \  \ヾ   \

214 :水先案名無い人:2007/09/19(水) 22:29:48 ID:miQC2ZpK0
(惑星 邪気眼 の続き)
住人32『あ、あのー隊長… む、なんだ貴様そんなにルドン高原に行きたいのか!?
言っとくが最終皇帝になるまで送り続けるぞ我輩はいや、ルドンとかそんなこと言ってる
場合じゃ… お巡りさん、あの人達です!! 邪悪な念波を送り、子供達を悪のテロ
リスト教徒として洗脳してるのは!!! 何を言う、一般市民Aめッ! 我輩達は崇高な
目的の為に子供達を… ええい、者共、あの変態を捕らえよ!! フン、口で言っても
分からぬ愚民共がッッ!!! これが いきものの サガか… よかろう、我等が正義の
鉄槌もとい邪気眼を喰らうがいい!! 行くぞ、”青”、”黄”!! ………あれ、居ない
……………この紙は何だ? 「夕飯の買出しに行ってきます BY”青”」「チョコパイ」
………………もしかして我輩…取り残された…? 覚悟しろよ、変質者!!!!!
いやああああああああああああああああ、らめえええええええええええええええええ
………隊長残して逃げてきたけど大丈夫かな…? もごもご……大丈夫やろ…もごもご
お前、ちゃんと喋れんのかよ!? はい…ええ、計画は順調です…。はい、それには既に
手を打っております。我が創造主(マイ・マスター)の手を煩わせるわけにはいきません。
ええ、あの三人を送りました。彼らは少々ふざけすぎるけらいがあるのですが、この程度
の任務ならば問題は無いでしょう。はい…。各地でノートの断片が見つかっています…
いざとなれば私が直接赴きましょう…。はい。』

車掌「私がしゃべるような口調で、とんでもないことを言っているみたいで、こちらも
 恥ずかしくなります。はい」 メーテル「ここの住人達は、謎めいたことが好きなようね…」


215 :水先案名無い人:2007/09/19(水) 22:37:51 ID:miQC2ZpK0
(惑星 邪気眼 の続き)
住人33『本当の俺は人間じゃなく、実は飛龍族の最後の生き残りで、竜界の覇権を巡る
戦乱の際に地龍族に敗れ人間界に送られた王子と言う設定。俺の周囲には配下の炎龍
(激情的性格)氷龍(クール)雷龍(爺さん)が姿を消して護衛している。が、下手に力
を使うと、俺を狙っている地龍族に見つかってしまうため、力を使うことは無い。俺は
人間としての記憶しか無かったが思春期になり徐々に王子としての記憶が蘇りつつある。
来るべき地龍族との最後の闘いは近い…ってな感じで。授業中や休み時間等に「貴様、
見てるな!?」と叫んだり「そこだ!」と気を溜めた(つもりの)掌底を壁に叩き込ん
だりしてた。メインの戦闘は下校の時だったなあ ヤンキーに絡まれたときも「坊ちゃま、
ここは我慢ですぞ。人間相手に力を使うことはなりませぬ」「ふざけるな!俺は限界だぜ!
俺の炎で燃やしつくしてやる!」「やめろ炎龍。ここは地龍脈の走る地。地龍族が
現れれば街が滅ぶ・・・」と、一人で呟いてた。きもいんだよと殴られたけど、俺の中の
力が覚醒するまでは我慢だと思い込むようにしてた』

鉄郎「まともに話を聞こうとすると、途中で訳が分からなくなっちゃうよ」
車掌「それが、この惑星の特徴かも知れませんね」(まだまだ続くのよ…)

216 :水先案名無い人:2007/09/23(日) 19:41:28 ID:H2mDsZsB0
(惑星 邪気眼 の続き)
住人34「『日常』を過ごす上で避けられないのが『ゴミ』だ。要するに『いらない物』が
ゴミなわけだが、人間って奴は器用なもンだ。瓶缶雑誌は資源ゴミ、プラ製トレーは回収
でまとめて提出… リサイクルってやつだよ。ティッシュ箱にビニールみてえなピラピラ
したのついてンだろ、あれ燃えるゴミだぜ?その上でただの『ゴミ』は燃やして灰に
しちまうわけだがこれがまた不思議だよな。埋めれば肥料に、水に溶かして灰汁を取れば
洗剤代わり、全くうめえこと出来てやがる。ところがおめェらときたらどうだい。妄言
吐き散らして文字通り『世界』を『埋めたてる』事しかできねェ能無しだ。それ以外の
何かになんてなり得ない。もっと程度の低い… そう …クズだ。揃いも揃ってクズ
ばっか、出来ることならおめェらの口を端からしばいてやりてェよ」

車掌「久々に、まともな記録を見たような気がします」 メーテル「ここに書かれていること
 はとても大事だと思うわ…」 鉄郎「メーテル、車掌さん、すごい記録を見つけたよ」

217 :水先案名無い人:2007/09/23(日) 19:48:42 ID:H2mDsZsB0
(惑星 邪気眼 の続き 記録も続いています)
[飛龍族]
その力を狙われ地龍族と戦い続ける。神龍王が死にその子が一族の血を残すのみ
【飛】・『神龍王の子』 ※便宜的に『主人公』と呼ぶ…
“邪気眼”の持ち主(飛龍の王)飛龍族の最後の生き残りで、竜界の覇権を巡る戦乱の際
に地龍族に敗れ人間界に送られた王子。配下の炎龍・氷龍・雷龍が姿を消して護衛して
いる。片目が髪で隠れているが激昂するとオーラで髪が躍り光る眼が見える。“邪龍
繰獣具”(ドラゴン・テイマーズ・アミュレット)を何物かに与えられ『飛の三竜』を
使役することが出来る。“眼”の暴走により礼奈と生き別れ今でも覚えている。
「ふざけんな!俺は認めねェぞ! 誰も犠牲にしちゃいけねェハズだ!俺はこの“眼”で
全てを護ってみせる!」
【飛】・炎龍 迸る激情 『主人公』をボウズと呼ぶ。彼を護り傷を負うも辛うじて
生き延びる。*その後も登場していない事から相当な重傷であったと思われる。
「あのボウズが覚醒して、俺達に真の力が戻るまでの辛抱だ…」
【飛】・氷龍 凍てつく冷情 炎龍と共に奇襲を受け激昂、感情をあらわに「貴様らァー!!
 許さん!!炎龍の仇だ、覚悟しろ!! 」
【飛】・雷龍 老練な澄情 三龍の中で最年長、『じい』と呼ばれる事もある。「坊ちゃま
 力を恐れてはいけません。力に身をゆだねるのです。 今こそ覚醒の時!」

[森龍族]
『世界樹の森(ユグドラシル)』に根付き森を守る。飛竜族と森竜族は共に地竜を抑えて
きた。影羅を保護していたが森もろとも滅ぼされる。*『森が失われた』『生き残りの
クゥは人の子である』という事実は彼らが絶えてしまったという事?(続きます)

218 :水先案名無い人:2007/09/23(日) 20:02:56 ID:H2mDsZsB0
(惑星 邪気眼 の続き 記録も続いています)
【森】・無爪のクゥ 森の生き残り 世界樹の悲劇を『身に纏いし無限の熱量』(ピッツァ
 ・マルガリータ)の覚醒により辛うじて生き残る。何物かに誘われ元来眼の力を持って
いなかったが空の眼を得る。紫微炎のグロッセアに復讐を誓う。龍族であるながら
『人の子』 *I・Gに敵対し人造魔眼精製技術(アーティフィシャルアイ・テクノロジー)
 を持つのはカノッサ機関・“冥”のいずれか。*“冥”がクゥに触れる場面があり
“空”のコピーを与えたのは“冥”の意思? *いずれにしろその組織はあくまで『力を
 得るきっかけ』でありそこの所属として戦っているとは考えにくい。*あくまで目的の
 為に行動しその最中シンと出会う。「この焼け焦げた森を見ても眉一つ動かさない
 あんたなんかに!人間の痛みがわかってたまるか!!」
【森】・シン 何物でもないただの“シン” "空"の後継(サクレサー・オブ・エア)と
 呼ばれる。クゥと協力するが彼が森龍族であるという描写は無い。*彼自身“天”の
 秋山と敵対 *秋山に眼を開かされる *ヨーグレットで力の暴走を抑える
「解るよ……オレにも、森は大切だったから…… 」

[海龍族]
龍族、そして機関の闘争に対し中立を保っているが森龍族とは共栄関係にあるようだ
だが一族の者の死によりI・Gを束ねる“天”の秋山と対立する。大規模な一族では
なさそうだががいずれにも与し易いものではないだろう。他の龍族や眼を持つものとは
未だ関わっている描写は無い。
【海】・????偶然にノートの一部(オリジナル?)を得て逃亡、『世界樹』へたどり着く
“紫微炎のグロッセア”と“偽不死龍(イミテーション・イモータル・ドラゴン)”の破壊に
 巻きこまれ死亡。「水は森を生かし、森は水を生む…この森を傷付けるつもりはない。
 ただ我等は森の意志を知りたいだけなのだ」

メーテル「これは細かく書かれているわね… とても気になるわ…」(まだまだ続くのよ…)

219 :水先案名無い人:2007/09/26(水) 18:10:21 ID:a+qe91Q00
(惑星 邪気眼 の続き 記録も続いています)
[地龍族]創造主が全てを掌握し龍達を狙う。その組織は極めて強大だが一枚岩ではない
ようだ。
【地】【カ】・“創造主”(食堂の男)地龍族の長? だがそれ自体に依存してはいない
カノッサ機関を束ね“眼”を持つものを探す。『全てを統べし邪王眼(マスター・オブ・
イービルアイ)』“創造主”は『両眼とも魔眼』「それが世界の選択か…」
【地】・バシュタロット 創造主に『監視』を任されている。千年前からの因縁を持ち
飛龍族を狙う。「ラ・ヨダソウ・スティアーナ(全ては創造主の意のままに)…」
【地】地龍族将軍クロークルワッハ 創造主をも殺そうと考える。非常に高い戦闘能力を
有する。『蟲(ワーム)』を操る三日月刀ケルトオブムーンの使い手。「行けぇ、ワーム!
ゴミどもを喰らい尽くすのだ!!」
【地】・地龍族の幹部ソーラ その力により地震を抑える *一族の中で穏健派と思われる

[カノッサ機関]
『約束の刻』に向け動く。『真の器』とは常に運命によって選ばれる。カノッサ機関の
目的は自分達が“造った”能力者で]V魔眼を独占すること。「人造魔眼精製技術
(アーティフィシャルアイ・テクノロジー)」を持ち111回の実験を繰り返すも人工の眼
を安定させられない。呪われし子供達計画で造られたのは18体。実働先兵として直属
部隊“A・N・G・E・L”を動かす。「オリジナルは一人… それ以外は何も分かっておらぬ
邪気眼を持つ者は我こそがオリジナルだと思い込んでいるがオリジナルはたった一人
だけ」*確認されているのは 天,冥,雷,炎,水,地,風,光,炎,氷,夢,剣,石,音?
【カ】・“凍月のシャスタール” カノッサ機関直属守護天使。「蒼天眼」を操り第九世界
(コキュートス)の蒼王の波動を用いる。機関の中でも安定した力を持つがあくまで気の
ままに動こうとする。※男性 *『守護天使』と自称するのは彼が“A・N・G・E・L”だから?
「カノッサ機関直属守護天使が一人、“凍月のシャスタール”が綺麗にお掃除してやる
よぉ!」(続きます)

220 :水先案名無い人:2007/09/26(水) 18:17:06 ID:a+qe91Q00
(惑星 邪気眼 の続き 記録も続いています)
【カ】・呪われし子供達の1人"炎"のチェスター。未だその力は行使されていない。「全て
の元凶は十年前のあの事にある… 当時6歳だった俺を含め4人の子どもはその中の一人
に連れられてある場所へ向かっていた… そうそれがすべての力の源となっている場所…
闘神の園だ」
【カ】・龍殺しのカルロフ… 親らしき者を地龍族に殺されカノッサ機関に連れ去られる。
【カ】・魅歌・L・ミケランジェラ、襟振 雅、神山、大器。それぞれカノッサ機関の
集めた]V魔眼。天と対立するが能力の一切は不明。
【カ】・秋葉 悟史 カノッサ機関の「呪われし子供達」計画主任。礼奈の父親。機関の
特殊部隊「OST」に命を狙われ試作型人造邪気眼の力を解放し研究所もろとも死亡。
“天”の眼に遺伝子情報を残し人格を移す。“天”をも超える可能性をもったロスト
ナンバー「4」エドワウを保険として残す。何らかの形で“黒歴史ノート”に関わっている
*“天”の秋山は恐らく礼奈のことは覚えていない。*秋山自身の人格と混じりその再生は
不完全と思われる。*秋山が秋葉と同様に邪気眼を生み出す計画をつくったのは記憶の
影響? *明確に秋山以上の力を持つ可能性があるのは“創造主”“冥”そして『主人公』?
「礼奈…悪い父さんですまなかった… 次に目覚める時は私とお前は同じ年と言う事か…
不思議なものだ…」
[“A・N・G・E・L”] カノッサ機関直属の実働部隊
現時点で“石蟲眼”の地天使以外確認されていない。*規模は不明だがあくまで機関から
選出された『少数精鋭』と思われる。*共闘する描写は無く各々がスタンドアローンに
長けているのだろう。*↓のバシュタロットの言葉が“A・N・G・E・L”設立前なのか後
なのかは不明。「…はい、人造魔眼の生成に十分値するだけの『パラノイド・マナ』を
持っています。そうですね、彼女の“眼”には“獣姫眼”と名付けましょう。カノッサ
機関の“天使”として活躍してくれるでしょう」

車掌「これらの記録の真偽は分かりませんが、凄いと思いますよ」(まだまだ続くのよ…)

221 :水先案名無い人:2007/09/30(日) 21:31:33 ID:Q7bj+WbS0
(惑星 邪気眼 の続き 記録も続いています)
【A】・???? “石蟲眼”を持つ地天使 『墓造り』を行い“久遠眼”を狩ろうとする
*女性?「それじゃ死んで。安心してね、お墓は立ててあげるから。 あたしの能力、
“石蟲眼”でねっ! 石になあれ!

[I・G(インペリアル・ガーディアン)]『高貴なる守護者』“天”の秋山がそれらの長
I・Gの目的は「呪われし子供達」を排除しその眼を手に入れカノッサ機関に復讐する事
その全容は不明 *戒、拝島もI・Gの子か?

【天】・移植者「秋山悟」“天”の邪気眼 I・G(インペリアル・ガーディアン)を束ねる
水面下で地龍と繋がっている 天はI・G計画の責任者でもありその産物でもある
人造魔眼を生成する能力を持つがノートを有さず未だカノッサ機関と対するに至らない 
"雷"の「眼」を持つ拝島修を説得し引きいれようとする。*『秋山はI・G計画の産物』、で
ありながらその人格秋葉は「呪われし子供達」計画によって秋山を生み出す…「奴とオレ
の理想は違っていた・・・ただそれだけの事だ」

【天】・戒(かい 秋山の側近 “闇”の眼を持つ
【天】・紫微炎のグロッセア 秋山と共に現れ『世界樹』を焼き払う I・Gのもので
ありながら“A・N・G・E・L”の呼称に酷似する。『“火”の守護天使』と呼ばれるが詳細は
不明

【冥】・“冥”の「眼」の黒崎司郎 “冥”を継ぐ者を庇い果てた
世界を掌握できる力を持ちながら世界を旧支配者から護る為に生き、死んだ(続きます)

222 :水先案名無い人:2007/09/30(日) 21:39:16 ID:Q7bj+WbS0
(惑星 邪気眼 の続き 記録も続いています)
【冥】・???? (“冥”を継ぐ者) “天”と“冥”は同等の力を持つ。黒崎を殺した
天と対立。立場的にカノッサ機関に属している。『世界樹の悲劇』を黒崎の死と同様(?)
避け難い犠牲と捉え、全てが終わった後『森の生き残り』に殺されても構わないと思って
いる。*その思惑は機関の意思とは別物 *黒崎の息子? 「奴の遺志、"眼"と共に私が
果たす… 奴が苦しみながらも愛したこの世界を旧支配者達から護りぬく!」

[ピロリン]名称以外何一つ明らかになっていない
*『∞(インフィニティ・スペース)』と何らかの関係が?

【他】・礼奈? 『主人公』の妹? *現在共に暮らしてはいないものと思われる
「なんでこんなものに私の一生が左右されなきゃならないの? もう…嫌だよ…
おにいちゃん…」

【他】・影羅 魔族の人格 語尾に(笑
龍の争っている間に全ての眼の力を得て滅ぼそうとたくらむ。森龍族の元に身を寄せて
いたが策謀により『世界樹の悲劇』を起こし『森龍の秘宝』を奪って逃走。ノートをある
程度再生させる能力を持つ。龍の争っている間に全ての眼の力を得て滅ぼそうとたくらむ
「影羅は人の裏の顔、人格と成り代わろうと今も目を光らせてる。誰でも影羅になる
可能性があると言うこと」 *現在は礼奈を母体にしている? *創造主に明確に狙われて
いない事から再生は切れ端からページを戻す程度と思われる。*森龍族の元にいたのは
秘宝を奪うため、その後ノート再生の描写があり『秘宝』は再生の為に奪った?
「……ヘヘ、久しぶりに外に出られた。この小娘は意思が強すぎて困るぜ(笑」

鉄郎「読んでいくほど、訳が分からなくなりそうな記録だよ」(まだまだ続くのよ…)


223 :水先案名無い人:2007/10/04(木) 00:13:53 ID:jATLDG9P0
(惑星 邪気眼 の続き 記録も続いています)

【他】・『k』 …複製邪気眼を持つもの 眼の副作用に苦しむ
【他】・『喰眼鬼(ハンター)』自身の享楽の為に“眼”を持つものを狩り、『喰う』
“眼”の収集を考える他の勢力とは明確に対立しているものと思われる。当然“眼”を
持つ飛龍・森龍からも警戒されていただろう。“眼”を喰らっていないと禁断症状を
起こす。「ハア…ハア……“眼”が…“眼”が…喰いたい… アアアアアアアアアアア…
早く…早く…ハヤクハヤクハヤクハヤクハヤクハヤク!!!! 」
【他】・???? 『Zの器』“久遠眼”を持つ者
]V魔眼の一つ。一人称普段は『僕』だが感情が昂ぶると『俺」と言う。「ふん…
どいつもこいつも…]V魔眼という称号の持つ本当の意味をまるで理解していない…
 やはりその力を手に入れるに相応しいのは…この『Zの器』久遠眼を持つ僕だ…!」
【他】・???? (名称『ミコイ』?) 幻の“理想の書”…“黒歴史ノート
(ネクロノミコン)”を編み出す。一部をカノッサ機関が“写本(コピー)”として得たが
オリジナル・別種のコピーともに狙う。そこに人造魔眼の精製法も記してあった。
「理想の少女…世界を救う聖女について記された書物か…」
【他】・拝島修 “雷”の「眼」を持つ。秋山は彼を重要視しているが詳細不明。*I・Gの子?
「奴はオレに従うようプログラムされている…」(秋山)

【?】・????『∞(インフィニティ・スペース)』の『案内人』
「だが、俺はどうにも受け入れられなくてね。こうしてここの案内人をやっているわけさ」
【?】・失われた四人目(ミッシング・フォー)「大きな瞳、八頭身、しかしその髪型は
ノートの持ち主の髪型と同一だったのだ。その少女こそ『失われた四人目(ミッシング・
フォー)』」(続きます)


224 :水先案名無い人:2007/10/04(木) 00:21:51 ID:jATLDG9P0
(惑星 邪気眼 の続き 記録も続いています)

【?】・???? 呪いの装飾の伝承者 俺は中学時代、爪に『火水風地無』って彫った」
【?】・???? 少年時代『医者』に邪気眼を埋め込まれる。本人に自覚があるのかは
不明
【?】・????『医者』 完全ではないものの人造魔眼精製技術(アーティフィシャル
アイ・テクノロジー)を持つもの。その技術はカノッサ機関のものではない。
【?】・???? 呪術師の才能があって相手を呪い殺す能力を持っている。呪力の成長
に『精霊壁』の展開が追いつかない。ネロ級悪魔の召還が可能。*邪気眼の力とは別種?
【?】・????(クラノ・カラン?)“剣”の眼を持つがI・Gのものか機関ものかは
不明。*2スレ目中盤で同じ“剣”を持つ「華刃繚乱のパレスパレン」と共に拝島修、
シンと戦っていたものか? *激怒すると性格が一変するタイプ? 「どいつが『敵』
だとか『味方』だとかもう関係ねえ!オレの邪魔をする奴は… 斬るッッッ!!!!!!」
【?】・???? E・F・B(エターナル・フォース・ブリザード)を操る。“飛燕眼”を
殺した“宣告者”を退けるもその目的は不明「そして子供は無邪気眼…なんつって!」
【?】・“深淵の魔狼”フェンリル … 『参加者』の意思に従い『世界』を加速させる。
何れにも属さないただ純粋な力。「まだまだ加速するぜ…果たして、着いてこれるかな?」
【?】・『夏厨』…『中二病患者』達の集合意思体。「夏厨(サマーチルドレン)…
嵐のように現れ去る、混沌の大隊…」「しかし我々は気付いていなかった。邪気眼と夏厨
は近しい存在だということを…」

メーテル「この記録を見て、凄いと思うけど【?】に属する人達(化け物?)の存在意義が
 いまいち掴みきれないわ…」(まだまだ続くのよ…)

225 :水先案名無い人:2007/10/07(日) 23:29:53 ID:GMQceIhT0
(惑星 邪気眼 の続き 記録も続いています)
<<進行>>飛龍王、初陣… 炎龍が負傷し氷龍激昂 主人公10秒間“眼”を使用するも
決着つかず、雷龍の機転による窮地を脱し主人公“眼”を覚醒させる。

目覚めの“空” …“空”の邪気眼(シン?)とコピーの邪気眼(“天”?)が戦う。
コピーの男は対象を『分解』する力を持つ。“空”の邪気眼が目覚める。*後にI・Gの
“火”に復讐を誓う『クゥ』と結ぶことからこの件がシンが“天”の秋山に敵対する
きっかけである、と考えると筋が通る。

凍てつく世界  …シャスタール登場、『主人公』戦う。バシュタロットも居合わせる
がその場は監視に徹する。雷龍が『旦那様』(詳細不明)を呼びに離れるもバシュタ
ロットの手により足止め。彼自身は千年前からの因縁、特に『主人公』と決着をつけたい
と思っている。シャスタールが戦っている間に影羅が機関から『ルーン』を奪う。影羅が
森龍に借りを貸すきっかけに *『秘宝』を奪う為であった可能性が高い。

翼無き者達へ  …機関の者が邪気眼の持ち主に“宣告”を行う。眼の者がそれに抵抗。
物質移動能力“飛燕眼”により“宣告者”の『財布』を奪い何処かへ飛ばし、『飛ばした
財布』に“宣告者”への復讐の怨を込め死亡。E・F・B(エターナルフォースブリザード)
を操る何物かにより“宣告者”逃走。

黒歴史の宴を  …“黒歴史ノート(ネクロノミコン)”の誕生を察知し『ミコイ(?)』
自身の手によりノートが処分される。が、その一部からカノッサ機関に『写本(コピー)』を
つくられる。機関はオリジナルの力を求め眼を狩り“天”の秋山はノートを狙う。邪気眼
の持ち主達は機関からノートを奪い取ろうとする。『オリジナルノート』の破片は現在も
『極僅か』に世界に点在するものと思われる。機関にもI・Gにも属さず人造魔眼精製
技術(アーティフィシャルアイ・テクノロジー)を持つものはそれに触れた可能性が高い
(続きます)

226 :水先案名無い人:2007/10/07(日) 23:34:50 ID:GMQceIhT0
(惑星 邪気眼 の続き 記録も続いています)
果て無き場所へ  …秘密結社『ピロリン』の本部へ女性と共にたどり着いたが男が一人
中へ。その後の展開不明。*序盤での『∞(インフィニティ・スペース)』の描写と酷似
している。時間が前後している可能性あり

血の開眼 “血”の邪気眼(ブラッディ・イービル・アイ)目覚める。バシュタロットが
先行するも“創造主”の命により秋山の手に渡る。*2スレ目中盤の『吸血鬼』の描写は
この男の事か?

ロスト・アイ 『森』の奥に子供が捨てられている。赤子は邪気眼が既に開放されていた
(『ロストナンバー』)*『何物かの見た過去』の出来事と思われる。*森に捨てられたと
いう描写は『森龍族ではない何か』であるという事だろう。*赤子は人間ではあるよう
だが(少なくともクゥは龍族ではない)クゥ・シンであるとする根拠は現段階では無い。

布石 …何物かにより(『主人公』?)地龍族の第一司令部崩壊
“創造主”がクロークルワッハのコピーを生み出す *このコピーが後の『偽不死龍
(イミテーション・イモータル・ドラゴン)』と思われる

ユグドラシル、炎上 …ノートのコピーを持った海龍族の者が逃亡、『世界樹の森
(ユグドラシル)』に逃げ込む。“天”に追いつかれ“火”の守護天使「紫微炎の
グロッセア」が現れ森を焼く。さらにバシュタロットが(影羅の読み通り)“偽不死龍
(ミテーション・イモータル・ドラゴン)”を使用。影羅が森龍族の秘宝を奪う。この
場で影羅が“黒歴史”を得るのは“冥”の意思でもある。*“冥”が機関に属しながら
その力を抑えたい、という描写か?

車掌「なかなか奥が深い記録ですな」(まだまだ続くのよ…)

227 :水先案名無い人:2007/10/10(水) 22:18:29 ID:JFRGnQS80
(惑星 邪気眼 の続き 記録も続いています)
海竜族がI・G(インペリアル・ガーディアン)を潰すため立つ *正直I・Gなのかカノッサ
機関なのか曖昧だが『森龍の生き残り』が“火”を狙うことから主にI・Gに対するのが
妥当か?

森龍族の生き残りが影羅を狙う 『身に纏いし無限の熱量(ピッツァ・マルガリータ)』
の力により生き延びるが力尽き倒れる。人造魔眼精製技術(アーティフィシャルアイ・
テクノロジー)を持つ何物かと出会い“空”の人造魔眼を与えられる。*それに伴い
『身に纏いし無限の熱量』の能力は弱まる? 彼は『世界樹の悲劇』を起こしたものに
報復することを望む。『主人公』が『世界樹の悲劇』に立ち会うも防げず、必要な犠牲
だったとする“冥”と衝突 (く、また罪なき子供が苦しんでいる… だが聖の邪気眼を
使いこなせる者など…) 聖の邪気眼は『世界樹』に何らかの影響を及ぼし彼らに救いを
与えるが未だ目覚めず *前述の『ロストナンバー』か?

“空”と“空”:動き出した『森の生き残り』と何物かが出会う
生き残りは無爪のクゥ、男はシン。“紫微炎のグロッセア”に復讐する為協力関係になる。

<<設定・その他>> スレッドそのものが『地龍脈の走る地』ここは『地龍脈の走る地』。
地龍族が現れればスレが滅ぶ・・・ Power In Vergin…、すなわち穢れ
を知らぬモノにのみ扱えるその力…、まさかこの目で見ることが叶おうとは。おぬしは
行かねばなるまい、歴史から消去された「あの土地」へ… そうか!邪気眼とは異性との
接触を持たない者・・・すなわち童貞・処女のみが得うる力だったのか!フフフ、良い事を
聞いた… 早速影羅様に報告せねばなるまい…

メーテル「これらの記録は読めば読むほど、謎が深まっていくような気がするわ…」

228 :水先案名無い人:2007/10/10(水) 22:25:28 ID:JFRGnQS80
(惑星 邪気眼 の続き)
住人35「ほっほっほっ…お若いの…、この名前にはふかーい意味があるんじゃよ。本来
のつづり、「virgin」を「vergin」とするのは「i」を「e」に変える力、「e」はアルファ
ベットの五番目、「i」は九番目、つまり「四度世界を戻す力」のことなのじゃ…。そう…
この力が現れるときはすなわち、世界が破綻をおこしつつあるという警鐘なのじゃ…」

鉄郎「この台詞は、キバヤシさんを彷彿させるなあ」

"赤"「むうー、むー、ふむー、ひい、ひい、ふう、ふう」”青”「どうしたんだすか、
『隊長(キャプテン)』? 妊婦のマネですか?」”赤”「違あああうッッ!!違うわ、
このうつけ者がッッ! 我々、超不思議★不思議戦隊ジャキレンジャーが『まとめ』に
載ってないだろうがーッ!!! 日夜、悪を殲滅すべく活躍してる我輩達の隊が紹介
されんとはどういうことだあああッッ!」”青”「……ハア、僕達みたいな三下が
『まとめ』に載るはずないじゃないですか… しかも結成してまだ4日ですよ?やってる
ことと言えば、新メンバー勧誘と『ノート』の追跡ですし… あと、僕はルドン高原
なんて場所に拉致されて、3日もサバイバル生活強いられるし…『隊長』は時々… てか
常に意味不明なこと言ってるし、”黄”は食ってばっかりで何考えてるか分からないし…」
”黄”「がりがり…がりがり…時給630円…がりがり…」”青”「……あああああああ、
なんなんだよく考えたら凄い理不尽じゃないかー!!!高校生のアルバイトより安いん
じゃないか!?あんなに恥ずかしい格好して、死ぬような目にあって時給630円なんて…
もういやだあああ、実家に帰る!帰るね!ごーとぅほーむ!」”赤”「ふむ”青”よ、
貴様も分かったかッッ!? 我輩の嘆き&怒りが! さあ、我輩達の活躍の為、ご近所の
平和の為、『まとめ』に載るため、ついでにグロッセア様の命の為に…4人目のメンバー
を探しに行くとするかッッ!」”青”「いやあああああ、もういやルドンは嫌ああああ!!」
私皇帝に、最終皇帝になっちゃう、嬉しすぎて最終皇帝になっちゃうぅぅぅうううう!」

車掌「この人達の台詞は笑えますなあ」(まだまだ続くのよ…)

229 :水先案名無い人:2007/10/13(土) 17:37:52 ID:UeKCcE3y0
私の名はメーテル…
久しぶりにこちらに来た女…
鯖移転スレを報告するわ…

私の名はメーテル・・・(ネットゲーム板)
http://game13.2ch.net/test/read.cgi/netgame/1012481432/l50
私の名はメーテル…@野鳥観察板
http://hobby10.2ch.net/test/read.cgi/bird/1035793319/l50
私の名はメーテル…@お人形板 Part.2
http://hobby10.2ch.net/test/read.cgi/doll/1077959449/l50
私の名はメーテル…@ペット大好き板
http://hobby10.2ch.net/test/read.cgi/pet/1053815584/l50
私の名はメーテル@宝塚
http://hobby10.2ch.net/test/read.cgi/siki/997949854/l50

230 :水先案名無い人:2007/10/14(日) 23:54:59 ID:DZgjuRbB0
私の名はメーテル…
まだ鯖移転があったわ…

私の名はメーテル@卓上ゲーム板
http://game14.2ch.net/test/read.cgi/cgame/998537472/l50
乙女@BL@私はメーテルin女性向けゲーム大人板
http://game14.2ch.net/test/read.cgi/gboy/1070024074/l50
◆私の名はメーテル・・・@五七五板◆
http://game14.2ch.net/test/read.cgi/tanka/1000542929/l50

231 :水先案名無い人:2007/10/17(水) 22:40:46 ID:Z6v1p/3m0
(惑星 邪気眼 の続き)
住人36『そういや昔一時期心理学が出来るのがカッコイイと思ってたな。実際に勉強
して心理学が出来るのならカッコイイだろうが、当然俺にそんな気概も無く知ってるフリ
で逃げてた分けだが、他人の行動に合わせて「あぁそっちで来るのか」「思った通りだ」
とか、予想はしてたぞってことをアピールしたり、「いや〜お前等思い通りの行動
ばっかりで面白くないわ〜」とか「俺心理学やっちゃてるからトランプなんて楽勝だよ」
とか痛いこと垂れ流してた。中学生の頃、ハトやカラスになつかれているのがかっこいい
と思ってた。で、帰宅途中に小さい虎バサミみたいなカラス罠にかかったハトを発見し、
家で飼うことにした。片足がちぎれてたけど、そいつは元気になり、毎日朝と夕方になる
と仲間をつれて帰ってきた。俺の理想としては、体育の時間とか外にいるときにハトが
飛んできて肩に止まったり、ハトに囲まれて「よう!学校終るまで待っててくれな!」
とか言うのが理想だった。理想通りというか、日に日に来るハトは増え続け、しまいには
68羽にまでなったんだけど、片足のやつ以外は全くなつかず餌だけを食べて帰る日々。
勿論、外で肩に止まるなんて夢のまた夢で近寄って行っただけで大慌てで逃げていく。
しまいには庭をフンだらけにされ朝の5時から鳴き続け親から大顰蹙を買うことに
なった。それでも餌をやり続けていたけど、いつの間にか全く来なくなり、ハトのために
用意した餌はスズメに食べられて終了しました。高校に入り、バイトもしだして、女っ気
がない以外は充実してた。で、バイトの帰り道に道端でさ迷うカラスの子供を発見!
家につれて帰って飼うことにしたんだ。でも、ハトみたいな餌は食べない。何を食べる
のか分からない。試しにハムをやってみたら食べたから、ハムと菜っ葉で育てた。
そして数か月後… 立派なカラスになり、俺によくなついてた。肩にも止まるし、学校に
行くとき途中までついてきて見送ってくれた。そんで、ある日… 俺は回転寿司屋で
バイトしてたんだが、俺が好きだった女の子がゴミを捨てにいくと、ゴミ捨て場でゴミ袋
に頭を突っ込んで荒らしているカラス発見!(続きます)

232 :水先案名無い人:2007/10/17(水) 22:47:23 ID:Z6v1p/3m0
(惑星 邪気眼 の続き 台詞も続いています)

「なんか… 片足に青いリボンしたカラスが散らかしてます…」俺は真っ青になったよ。
みんなで見に行くことになったんだが、やっぱりうちのカラス。俺に気づいて、肩に
止まり… 知らぬ存ぜぬで通したが、カラスに好かれる変なやつって思われてたらしい』

鉄郎「カラスに好かれるって言うのは、すごいと思ったよ」

住人37『中2のときの友達に髪の毛が全部白髪なやつがいた。俺のなかではそいつが
光の戦士で、俺は闇の戦士という設定だった。漫画なんてなくなればいいのに。中学時代
の卒業式… 寄せ書きに色々書く人々… 俺は高校に行ったら本物のDQNになることを
皆に言いふらしていた… おまけにほぼ全員の寄せ書きに「俺は高校に行ったら不良に
なるぜ!」と誇らしく書き残してしまった… 「一緒にその辺の「敵」を倒そう」と約束
していた○○… 覚えているか? お互い高校に入ってからしばらくその話はしなかった
よな… 俺がやっと2年の時話題に出したら無言で「何言ってるんだ?」って顔で見て
きたよな… 結局DQNに憧れるだけの外見だけは真面目な生徒で終わっちまった…
いや… それで良かったんだよな? でも俺は何も変わってないんだ。今だって空手
なんか習ってて、いつか「敵」と戦う空想ばっかりしてるんだぜ? 邪気眼… きっと
本当は誰もが持っているんだろう。それはただただ純粋な心… 凄いと思われたい…
認められたい… 他人がどう見ているかなんて考えもしなかった。いやできなかったんだ。
自分の価値観が全てだった… それは若き日の過ち… 同じように邪気眼に苦しむ人が
出ないように願っている… だが邪気眼があったからこそ、大人になれた気もするんだ。
邪気眼… 痛い記憶と立場… そして成長をありがとう…』

メーテル「この人、まるで私達の番組のナレーションみたいだわ…」(まだまだ続くのよ…
 >229,230メーテルさん、連絡ありがとう…)

233 :水先案名無い人:2007/10/19(金) 08:38:19 ID:tYE/KK390
アンケート
銀河鉄道999のメーテルのルックスを10段階で評価するとどのくらいですか?


http://www.01-station.com/asq/result.asp?obj=1192623816

234 :アンケート:2007/10/20(土) 08:36:37 ID:0JvbDhB90
アンケート
メーテルのルックスを10段階で評価するとどのくらいですか?

http://www.01-station.com/asq/enquete/asq1192623816.html

235 :水先案名無い人:2007/10/20(土) 19:57:25 ID:AXLTduh0O
  ■■■
  ■■■
  ノノノ・_・) 
  ノノノ■■ 
 ノノノ■■■ 
@ノ ■■■■  

236 :水先案名無い人:2007/10/21(日) 18:21:01 ID:gHjeKu5d0
(惑星 邪気眼 >232の続き)
住人38『そういや中学の時にいたな。自らをナイトと名乗るスナコって名前の奴。確か
「騎士でもあり、夜でもある」とか言ってた。マラソン大会の数ヶ月も前から走り込みを
して「そろそろ体が起きるころだ…」とか言ってたのに、結果最下位とか、雨の日は傘
振り回して、「やはり偽者は水を嫌うか…」とか、写真撮られてネットに晒されたりとか、
闇にまぎれて云々とか、俺を怒らせると大変な事になるぞとかDQNに言って完膚なき
までにボコボコにされたりとか、彼は凄かった』

住人39『隣の席の女子を守るべき存在だと思い込んでストーキングとかしてたり
「消しゴム貸してくれない?」の言葉に「フッ、これもガーディアンの宿命… 貸して
あげましょう…」とか言ってた小学5年生の俺を思い出した。極めつけはその女子が男子
グループと話している時に割り込んで「貴様ら!この春奈(仮名)に手を出すな!」とか
言って「なにそれいつものギャグかよw」とか言われて女子もノリのいい奴で「タカシ(俺)
君!私と力をあわせればこんな奴ら…!」とか言ってくれた。今思えば全員邪気眼の
使い手だったのか?』

住人40『ハリーポッターの魔法をメモ帳に書いて持ち歩いてた。俺はそれを恥ずかしい
事だと気付いてすらいなく、友達の前で唱えた。なんか友達はその場では合わせてくれた
けど、次の日にはクラス中に知れ渡ってて、「ポッター」ってアダ名を付けられて5年
以上経った現在に至っても呪文ネタでイジメられてる。死にたい』

メーテル「ここの惑星の住人達は何かに取り憑かれたかのように、なりきっているわね…」


237 :水先案名無い人:2007/10/21(日) 18:26:05 ID:gHjeKu5d0
(惑星 邪気眼 の続き)
住人41『昔、少女マンガの主人公に憧れてた私(一重の垂れ目で可愛くない)は気に
入ってたクラスのカッコイイ男の子に「ねぇ… 顔もっと近くで見せて…?」とか
言ったり「男の子って筋肉あってガッチリしてるね」とか言いながら、触りまくったり
してた。その男の子がジャンプでナルト(当時私もはまってた)読んでるところを見た
から、絵の得意だった私(遠足のパンフ御用達)は運命(ディスティニー)を感じて彼に
見えるようにサスケとカカシの美化イラストを狂ったように描きまくった。そしたら彼が
それ見て「絵うまいね」と爽やかに言った。今思うと社交辞令で言ったのだろうが当時の
私は「これは脈アリだ!」と信じ込んでしまった。それから私は何を勘違いしたか化粧を
始め(口紅をほっぺたに塗ったりカラーコンタクトいれたり)ますます彼に必死アタック
を仕掛けた。ナルトのヲタ絵を見せたり家まで無理やり憑いてったりもした。ある日、
温和な彼にも遂に限界がきたのか「いいかげんにしろよブス!」と私に言い放った。
私はショックで泣いた。が、まわりの反応は私に厳しく彼に同情的だった。それに
耐えられず彼に「だって好きなんだもん!私のなにが駄目なの!?」ドラマさながらの
セリフを返した。そしたらなんと彼が「お前気持ち悪いんだよ…!」と泣き出して
しまった。自分をクラスでも1,2を争う可愛さと思ってた私は全てが崩壊してしまい
学校にも行かなくなった。今でも卒業アルバムを見ると死にたくなります』

鉄郎「こういう子は、この惑星になじまないと思うけど、どうなのかなあ?」
メーテル「どこかで道から外れるという経験は、してみないと分からないものだけど、それを
 乗り越えられるかどうかが、大事だと思うわ…」(まだまだ続くのよ…)

238 :水先案名無い人:2007/10/25(木) 22:19:35 ID:ys0szE7Q0
(惑星 邪気眼 の続き)
住人42『中学の頃、グロ好きがかっこいいとおもって、グロ漫画とか死体写真集を学校
に持っていったりしてた。男子は少し興味を持つ奴もいたが、女子はもちろん引いてたよ。
キチガイキャラを演じるために授業中突然「ひひひひひ!」と笑い出したり、鼻血が出た
時、顔に塗りたくったり… 手を震わせながら錠剤(本当はタダのビタミン剤)を大量に
飲んだり… もちろん俺が歩くと女子が机ごと俺を避けた。そして卒業間際のお別れ遠足
の日… その日は制服じゃなくて皆、私服で来ることになってた。そこで俺はチャンス
だと思いネットからダウンロードしたかなりエグいグロ画像を白いシャツにプリント
アウトして、それを着てバスへ乗り込んだ。悲鳴をあげる女子、泣く女子…
男子たちからも「てめぇ!ふざけんなよ!」「毎度毎度いいかげんにしろよ!」「死ねよ!」
など、非難の嵐を浴び自分のやったことの重大さにようやく気付き少し涙目になる俺。
結局その日はジャージで行く事に。ディズニーランドのトイレで過ごした6時間のことは
今でも忘れません』

住人43『病弱なのがかっこいいと思って中学のころ、サプリメントを薬のようにみんな
の前で飲んでいた。体育の時間はいつも仮病で見学をし、昼休みはわざと目立つところで
みんなが遊んでいる所をうらやましそうに眺めながら、聞こえるように「健康な奴が
うらやましいよ」などとほざいていた。このような演技も野良犬に襲われたときに俺が
全速力で逃げきったことから意味がないものとなった』

メーテル「この子達のやったことは自業自得だと思うわ…」
鉄郎「僕はこの子達のやることが理解できないよ」

239 :水先案名無い人:2007/10/25(木) 22:29:29 ID:ys0szE7Q0
(惑星 邪気眼 の続き) 鉄郎「この記録は、惑星吉野家と関係あるのかなあ?」

そんな事より弱き者よ、ちょいと聞いてくれよ。例の計画とあんま関係ないけどさ。
このあいだ、カノッサの組織行ったんです。組織。そしたらなんか飛龍族がめちゃくちゃ
いっぱいで血が騒ぐんです。で、よく見たらなんか邪気眼持ってるやつがいて、ヤンキー
にからまれてるんです。もうね、アホかと。馬鹿かと。お前らな、邪気眼如きで騒いでん
じゃねーよ、ボケが。邪気眼だよ、邪気眼。なんか影羅とかもいるし。久しぶりの飯か。
おめでてーな。この小娘は意思が強すぎて困るぜ(笑、とか言ってるの。もう見てらん
ない。お前らな、死にたくなければ俺の視界から失せろと。組織ってのはな、もっと殺伐
としてるべきなんだよ。幹部になった奴といつ殺し合いが始まってもおかしくない、
刺すか刺されるか、そんな雰囲気がいいんじゃねーか。眼を持たぬ者は、すっこんでろ。
で、やっと雑魚が失せたかと思ったら、支配者っぽい奴が、それが世界の選択か…、とか
言ってるんです。そこでまたぶち切れですよ。あのな『全てを統べし邪王眼(マスター・
オブ・イービルアイ) 』 なんてきょうび流行んねーんだよ。ボケが。得意げな顔して
何が“創造主”だ。お前は本当に世界を統べるほどの器なのかと問いたい。問い詰めたい。
数千年問い詰めたい。お前、ラ・ヨダソウ・スティアーナって言いたいだけちゃうんかと。
真の実力者である俺から言わせてもらえば今、真の実力者の間での最新流行はやっぱり、
地獄眼流・亜空龍滅殺撃第一破、これだね。第二破を使うまでもなく完全勝利。これが
実力者の戦い方。亜空龍ってのは地龍族さえも干渉できない。そん代わりこの俺でさえ
正体を知らない。これ。で、それに地獄眼開放。これ最強。しかしこれを使うと魂の一部
が喰われるという危険も伴う、諸刃の剣。素人にはお薦め出来ない。まあ邪気眼すら制御
できないお前は、スリーパーホールドでもくらってなさいってこった。

メーテル「『地獄眼流・亜空龍滅殺撃第一破』って、そんなにすごいものなのかしら?」
(まだまだ続くのよ…)

240 :水先案名無い人:2007/10/28(日) 21:01:47 ID:Kd2qu4ua0
(惑星 邪気眼 の続き)
住人44『知り合いの後輩がおそらく中2病。(当時19歳)尾崎豊信者でミュージシャン
志望・無職・オーディションにデモテープ送りまくり。音大出身で声楽やってる親友が
いるって言ったらどうしても会わせて欲しいと懇願された。プロの耳でオレの歌を批評
して欲しいと。なぜオレがデビューできないのか理由を知りたいと。あんまりしつこい
から音大出身の親友と会う機会をセッティングしてやった。そしたら音大出の親友に
向かって自分を語る語る。「世界中でオレほど音楽に詳しい人間はいない。」(親友苦笑い。)
「オレほどCD持ってるやつはいない。100枚持ってる。」(100枚くらいだったら
うちのかーちゃんだって持ってる。美空ひばり全集とか)「オレが詳しいのはロックだけ
じゃない。クラシックも多分びっくりするくらい詳しいと思う。モーツァルトは天才だ。」
(親友ニヤニヤ。あえて『モーツァルトのどういうところが天才だと感じる?』という
いじわるな質問はしないてあげていた)「オレはボーカリストだからマイクにもこだわり
がある。だからマイマイクは肌身離さない。」(とリュックの中からマイマイクを取り
出す。親友噴き出すのこらえてた。)「マイクスタンドにもこだわりがある。だから持ち
歩いている。オレのアイデンティティだから。」(とリュックの中からマイマイク
スタンドも取り出す。親友悶絶。)「オレの歌を聴いたら多分驚くと思う。オレの歌は
ロックとクラシックの融合体だから、音大の人にもわかりやすいと思う。」(と気持ち
良さそうに15の夜を歌い出すがジャイアンレベル。声だけでかいが音痴のうえに声質が
あまりに悪い。)「どうですか、オレの歌。オレプロになれますか」(親友、『プロになる
ということは大変だよ。音楽は趣味にとどめて普通の仕事をした方が賢い生き方だよ。』
と諭す。)「嫉妬ですか。醜いですね」』

鉄郎「この人、面白いね」 メーテル「こういう人たちのことを中2病っていうのかしら?」

241 :水先案名無い人:2007/10/28(日) 21:05:13 ID:Kd2qu4ua0
(惑星 邪気眼 の続き)
住人45『もののけ姫のサンに心酔していた。サンが山犬に乗って助走つけてタタラ場に
飛び移るシーンなんか鳥肌もので、ちょっとこじゃれたステーキナイフを持って居間の
ソファに飛び乗ったりしていた。家には父が娘より大切にしているコリー犬がいて、
ある日そいつに乗ってみようと試みたが、ナイフを持って犬に乗ろうとしているところを
父に目撃され殺されかけた。脳内では私はサンの妹で、薄汚れた人間社会に嫌気がさして
森で生きたいと願う少女であった。学校の近くに森があったので、授業中にぼそっと
「姉さんが呼んでる…」とか呟いたりした。ステーキナイフはいつも持ち歩いていた。
放課後にはその森に行きもののけ姫ごっこをしていた。男子にアシタカ役をさせたりして
いた。嫌われものの女子をエボシに認定して森で殴りあったりした。猿のごとく森を
駆け回って腕の骨折ったりもした。母が大好きだったピンクハウスは泥だらけの傷だらけ
で何着もダメにした。あーあだれか殺してくれないかな』

車掌「最近あった、親を殺した怖い事件を思い出しましたよ」

住人46『中学生の頃はB系がかっこいいと思って、近所のマックハウスでXLのT
シャツとシャツを買って、靴はナイキしかねえ!って思って、でも金が無いから4000円
のゴツくて、なんかかっこいいと思ってた(当時は)ハイテクスニーカーを買って、ワル
を気取っていたって過去もやっぱり邪気眼? 当時のことを思い出すと死ぬほど死にたく
なるんだけど』

メーテル「この年頃になると、誰でも少なからず大人願望が出てくると思うけど、この人は
 可愛いものね…」(まだまだ続くのよ…)

242 :水先案名無い人:2007/10/31(水) 23:33:20 ID:YTqltBut0
(惑星 邪気眼 の続き)
住人47『中二のときクラスの女子に花火に誘われたんで行ってみた(クラス男子全員が
誘われてた)花火の最中数人の選抜された男子だけがカラオケに誘われてた(こっちの
イベントが本命だったのだろう)特に花火の解散の号令も無く、いなくなっていく
イケメン衆。ブサメン達は帰っていいのかカラオケに参加していいのか解らず、右往左往
してた。俺は付いて行っていいのか解らず女子に店の場所を聞いた。教えられた店には
クラスの女子はだれもいない。本当は新浦安駅のカラオケ屋だったらしいがブサメン達は
みんな浦安駅だと教えられてた。中学生のこづかいでカラオケなんて高額だったのに…
カラオケなんて行った事なかったのに… 帰り道の自転車は空気が抜けたタイヤのように
重かったな』

メーテル「花火に誘われた多くの男子達にとっては災難だったわね…」

住人48『小学4年生くらいの時だったかな、なんかブルマに異常な興奮を覚えて体育の
授業の時は女子の方ばっか見てた。そしてある夏の暑い日に雨でプールが中止になって
体育館で授業受けてたら女子のブルマから白いパンツが見えたんだ。その時なんかこう、
こみ上げてくるものがあってなぜか俺もあれ履きたいなって思ったんだ。そして学校が
終わって午後の4時ごろに何を思ったか俺は学校に行ってブルマを履こうと思って教室に
行って誰もいないのを確認して隣の子(結構可愛い)の体育着が入っている袋ごとトイレに
持っていって俺はおもむろにズボンを脱いでブルマに履き替えたんだ。そして上着も
脱いで体育着に着替え完了したわけだ。そしたらなんか異様に興奮して誰もいない
(職員室に先生はいるはず)廊下を走りまくってたらすごい幸福感を得られて、そのとき
リミッターが外れたのかな?何を思ったか隣の子の水着をまたトイレに持ち込んで水着に
着替えたらすごいきつくて、それがまた快感に感じたのかな?また廊下に出て地べたに
寝っ転がってクロールを泳ぐ真似をしてふざけてた。でもだんだん飽きてきて気づいたら
もう6時なので家に帰った。次の日学校に行くのが辛かったよ…』

鉄郎「僕だったら恥ずかしくてこんなこと出来ないよ」

243 :水先案名無い人:2007/10/31(水) 23:41:26 ID:YTqltBut0
(惑星 邪気眼 の続き)
住人49『リア厨の頃読んだ、某世紀末格闘漫画に聖帝サ〇ザーという強敵がいたんだ。
作中でも屈指の実力に圧倒的なカリスマ性、数々の名言に俺は惚れたんだ。彼の特徴は
体の構造が常人とは逆、故に主人公の攻撃を無効化できるというものだった。そこに俺は
目をつけた。それから俺は必死の鍛錬で手足を左利きに変え「常人とは体の構造が逆」を
苦しい再現をし、血液型がAB型なので「選ばれた帝王の血」と脳内変換した。髪型も
オールバック風味にして前髪の一束だけチョロンと垂らし、作中の言葉を引用、改変して
喋るようになった、また意味不明なパンチやキックの練習を始めて南〇鳳凰拳の修行を
していた。そんな自分に酔ってしまって、俺はひたすら間違った方向に制圧前進し続けた
思えばあの頃からかな、友達も減り地元にも居づらくなったのは』

メーテル「この人『引かぬ、媚びぬ、顧みぬ』なんて言っていたのかしら?」

住人50『野性的なのが可愛い(もののけ姫みたいなイメージ)と思って、生肉食べたり
生野菜食べたりしてた。深夜に犬と一緒に公園に散歩に出掛け、焚き火して魚(スーパー
で購入)焼いて食べたりしてた(たむろってたヤンキー集団に笑われた)。服装は冬でも
タンクトップかTシャツで、下はミニスカ又は短パンにサンダルといった夏真っ盛り
スタイル。道行く人々に振り返って見られた。どこに行くのも犬を同行させ、走り回って
いたあの頃が懐かしい』

メーテル「こんなことをして凍え死なないか、本当に心配だわ…」(まだまだ続くのよ…)

244 :水先案名無い人:2007/11/04(日) 18:25:27 ID:C8en0i+w0
(惑星 邪気眼 の続き)
住人51『メンバー募集で来たドラムがかなりの中二病。うちはヘビメタバンドなん
だけど「俺はメタル詳しいぜ。ここらで俺くらい詳しい奴なんていないだろうな」的発言
しつつ王道バンドすら知らない。ちょっと突っ込むと「俺正統派なメタルにしか興味ない
から」と言って逃げる。応募の理由は「周りの奴らにメタルやろうって言っても「うるさい」
とか言って、ポップばっかりやりたがるんだよな」と、メタル好きな俺は特別と言わん
ばかり。Xジャパン信者で洋楽メタルは殆ど分かってない。「まぁXのよさなんてB級
洋楽聴いてる奴らには分からないだろうけどね」んでスタジオ入って何かあわせて
みましょうって事になり、普通に有名なバンドの曲(メタル好きなら一度は弾いた事が
ありそうなの)を挙げても「知らない。興味無い。そんなのは俺がやりたいメタルじゃない」
仕方なくみんなが奴に合わせてXの曲をやる事に… しかし下手すぎて話にならない上に
「ここはこうやって歌って」等ボーカルに文句つける。彼いわく「俺はクラッシック聴くし
音楽理論とか分かってるから」らしい… スタジオ終了後にバンドの方向性とかに話が
及ぶとライヴ衣裳やパフォーマンスの話ばかりして音楽の話はしない。しかも私(ギター)
とベースに向かって「その髪型(ロン毛)は切ってもらうよ。俺のイメージするバンドには
合わないし」って、おまえの好きなXはロン毛じゃねぇのかよ… もちろんお断わり
しました』

車掌「自意識過剰な人はどこの世界でも煙たがれますねえ」

住人52『俺の友達で普段おとなしい奴が居るんだけど、昨日急に「奴が…来た」って
小さい声で言ってて、顔を覗き込んだら凄い形相だった。思わず「大丈夫か!?」って
聞いたら「は?何が?」って返された… 周りを見回したけど誰も居なかった。それ以来
そいつは少しおかしい一人言を言う』

メーテル「ここに紹介された人は精神疾患を持っているのではかしら? ちょっと心配だわ…」

245 :水先案名無い人:2007/11/04(日) 18:33:11 ID:C8en0i+w0
(惑星 邪気眼 の続き)
住人53『中学の同級生がラルクファンだった。彼女曰く、週末はラルクの事務所で簡単
なバイトをさせてもらっていたらしい。中学生なのでお金はもらえないが、仕事を
手伝ったりして、事務所の人に「偉いね〜」と かわいがられていたらしい。ハイドや
その他メンバーと食事に行ったり、バーに連れてってもらったりしていたらしい。ある時、
一般人には極秘で、ディープなファンや関係者の間で「ラルクボックス」が配られた
らしい。メンバーの直筆サインやレアなアイテムや未発表曲のCDが詰まったボックスで、
特殊合金で出来ていて外側にダイヤモンドがちりばめられた「本物の宝箱みたいな
ボックス」らしい。それは持ち主の指紋キーでないと開かないようになっていて、もし
違う人が触ると、箱からレーザービームが出てきて、大やけどするようになっている
らしい。「だからみんなには見せられないんだ、悪いけど」と神妙な顔で締めくくって
いた。彼女も生きてれば24歳。今何してるんだろう。そしてラルクボックスの行方は。
ラルクボックスが機関の手に渡ることが人類の福音となればいいのだが…』

住人54『俗に流されないお嬢様キャラになりたくて、流行り系の物や言葉遣いを一切
シャットダウンしていた。そして、どーでもいいことまでいちいち聞く。「まぁ、
なんですかそれは〜。すごいです〜」「それは、どういった意味合いで使われる言葉
なのですか?」みたいに。世間知らずでカワイイ女の子だと自分では思っていた。思って
いたんだ。そして極めつけには、誰も使わないような古い言葉を使うことで「失われつつ
ある日本の文化を今に伝えている大和撫子」になっているつもりだった。「あらやだ!
今の若い子にはついていけないわぁ〜」と言っているおばちゃんと同じだということに
気付くのに、かなりの時間がかかった』

メーテル「こういう人達って表現の仕方はともかく、純粋な心を持っているのね…」
(まだまだ続くのよ…)

246 :水先案名無い人:2007/11/08(木) 01:46:05 ID:Z0ylwjPU0
(惑星 邪気眼 の続き)
住人55『消防の時、クラスに男子からも女子からもキモがられてる男子がいた。休み
時間はブツブツ何か言いながらノートにびっしり。変なキャラクターと「攻撃」とか「HP」
とか「MP」とか書いてニヤニヤしてた。たまたまその近く通っただけで「これ?オレが
考えた…なんつーか?ゲームの?」とか言ってきた。あとスゴイ歴史オタクで、誰にも
頼まれてないのに、中国の年表とかでっかい模造紙に書いて教室に貼ったり。で、授業
では手とか挙げまくって偉そうに答えたりして先生には「ユーモアがあって頭もいいし…」
と高評価。授業参観は保護者大うけ。女子更衣室でドア開けて、10秒ぐらい凝視して
から「ごめん、間違えた」って明らかに演技で言ったこともあった。で、懲りずにその後
も女子を当時のクラスで禁断の技だったちゃん付けで呼んでてマジでキモかった…
もう一人中二病患者っぽい女子がクラスにいて、そいつは「精神デブ」呼ばわり。
とにかく「自分は他の奴より頭が良くていろんな事を考えてる」みたいな事をアピール』

住人56『ヒロイン設定が一番楽しかったけどなぁ。モテなかったもんで。メイン・
アメリカから来た魔法使いの美少女。子供っぽい。ちょっとしゃべり方がヘン。妙に俺に
なついているが俺は有り難迷惑的対応←ここ重要。退魔士としての俺の活動をサポート
する同居人。サブ・狐の化身のおねーさん。美人だがぶっきらぼう。喫煙家。飽きっぽい。
普段はフリーで戦っているが、時々一人では手に負えない仕事をかかえて、俺に助けを
求めてくる。でも感謝知らず。お札とか使う。下着は派手。自分を誉めたいのは、12歳
からの16年間の妄想生活の中で彼女たちを一度もオカズにしてないことだ』

鉄郎「この惑星の住人達は妄想する人が多いのかなあ?」

247 :水先案名無い人:2007/11/08(木) 01:52:44 ID:Z0ylwjPU0
(惑星 邪気眼 の続き)
住人57『中学生の時、トランプを常に持ち歩いてるのがカッコいいと思ってた。学校
行く時は制服のポケットに常に閉まってた。休み時間とかに周りに人がいる時に唐突に
トランプを一枚ポケットから抜き出し、それを手のひらでシュシュシュって回すように
してから、顔の前にビッて止めて「今日はハートか…」とか言ってた。なれてないから
トランプはクシャクシャ。たまに友達とかが「ババ抜きやるから貸してよ」とか言って
くるんだけど「そうゆうことに使うものじゃないから」ってちょっとキレ気味に拒否
してた。調子がいい時は、トランプの束を頭の上からボロボロかけて「オオ…オオオオ…
(オーラをまとってるイメージ)」とか言ってた。終わったらトランプを拾うんだけど、
その時に俺何やってんだろうって思った。今日もゲーセンでバイト。ようやくメルティ
ブラッドも下火になってきた。田舎なので冷めるのも速いのかな。そう思ってると来たよ、
変なのが。メルティブラッドの近くにカウンターがあるのは致命的だと思う。「連中の腕、
見た?」「この程度なら一瞬で制圧できるな」「あ〜あ、見てよあの操作、せっかくの
キャラが台無しだ」「ランクDってとこだね」「都内の場末のゲーセンでももう少しマシ
だな」「まあキミと比べられたら可哀想ですよ」』

メーテル「ここは学生時代を懐かしむ人が多いのね…」(まだまだ続くのよ…)

248 :水先案名無い人:2007/11/11(日) 01:48:36 ID:mUuWd00x0
(惑星 邪気眼 の続き)
住人58『中学生の頃、カッコいいと思って、「男なんて金よ、金!」と周りに言いふら
していた。漫画などによく出てくるような、当時自分内ブームだった高飛車キャラの延長
だったのだが、とにかく言う事が痛かった。「お金好き女=モテる・貢いでもらえる」と
いう考えがいつも言動の根底にあった。「どれだけ性格が良くったってどれだけ顔が
よくったって、お金の無い男には全っ然魅力を感じないの!」「年収1000万円もいかない
男なんてクズよ!あたしの前に現れる価値もないわ!」「あーあ、バッグが欲しいわ……。
ま、そのうち掃いて捨てるほど買ってもらえるようになるから別にいーけどね!」
……今こうやって文字にしただけでも死にたい気持ちでいっぱいだ。ある日、男子が私の
口調を真似て「女なんて顔よ、顔!」と絡んできた。私は、当時かなりズレた
ファッションでダサブサ街道を直進していたにも関わらず、「そーよぉ、女なんてね、
顔さえ良ければ何でも買ってもらえんのよ!うらやましいでしょ?フフ……!」と、
さも自分がその典型であるかのように得意気に答えた。男子達は大爆笑したが、私は
「(おこチャマ達にはまだ早い話だったかしら……でもそのうちあなた達にも分かるわよ、
クスクス……)」とか思っていた。あー……日本酒空けてくる』

住人59『俺が小学生の時にクラスにいた太一という男の話なんだが、奴は図工の時間に
何を思ったのか赤の絵の具を水で溶いて飲み「苺の味がする!」と言いだした。緑を
溶いてはメロン、橙色はオレンジと言い、俺達に試させようとするその姿に俺達4−X組
の生徒は恐れ、それからは奴のことを無果汁のジュースと掛けて、ファン太と呼ぶように
なった。今思えば奴こそ後に神の舌を持つといわれる味の錬金術師だったのかもしれん』

車掌「こういう人達が銀河鉄道のお客さんになると、一騒ぎ起こして大変なんですよねえ」

249 :水先案名無い人:2007/11/11(日) 01:55:27 ID:mUuWd00x0
(惑星 邪気眼 の続き)
住人60『俺が占星術を知ってると聞きつけて、他クラスの腐女子っぽいの3人が、
バースディとかいう女子むけの占い&おまじない雑誌を抱えて「占いに興味あるの〜」
とか「○○君の好きな人占なって」とか、俺に頼みにきたのでカッコつけのつもりで、
「まあこれもなにかの縁だ…一度だけだぞ」とシャインストーンをとりだし、その時は
なんか呪文らしき言葉を唱えて「○○はそなたを見ていない…マダミオン(デタラメ)の
相がでた。諦めたほうがいい」って言ったらキレられた。しかし、その後その腐女子が
告ったら、みごとフラれ(というかあんな腐女子誰でも断る)俺の占いは当たる、と
一時期有名になった』

鉄郎「男の人で占星術をしってるなんてすごいなあ」

住人61『俺田舎育ちで、田んぼの中を突っ切って中学校に登校してたんですよ。稲が
実る夏の終わり頃とか、稲穂から米一粒むしって食うのが何となく習慣になってたんだよ。
夏休みの登校日か何かだと思うんだけど、その日もいつものように米粒食ってたら、
ゴーッって結構な大風が吹いてきたから、あたりに誰も居ないのをいいことに、「おお、
大地の恵みよ(米粒のこと)、感謝するぞ! 風よ吹け、そうだもっと激しく!」とか
大声で叫んだら、たまたま巡回中の国語の先生に叫んでるところ見られた。ニタニタ笑い
ながら手を振ってやがった。後日農家の人から学校に電話があったらしく、農薬が
ついてて危ないから、田んぼの米をそのまま食うのはやめろってクラス会で言われた。
奇行を見てた国語の先生が俺の事だってピンと来て、担任に教えたんだろうけど、死ぬ
ほど恥ずかしかった』

メーテル「気持ちは分からなくはないけど、あまり勧められることではないわね…」
(まだまだ続くのよ…)

250 :水先案名無い人:2007/11/11(日) 17:20:25 ID:IU0VIAVm0
私の名はメーテル… スレを立てる女…
さぁ鉄郎、このスレでもハッスルハッスルよ…フフ…

私の名はメーテル…@801板twenty-second
http://sakura03.bbspink.com/test/read.cgi/801/1194612690/l50

251 :水先案名無い人:2007/11/14(水) 22:17:26 ID:WJH4Q9q10
(惑星 邪気眼 の続き)
住人62『小学生の時、霊能力を持っていると自負しているB君という同級生がいた。
彼が言うには、自分は悪霊と戦う少年達で構成された戦闘集団に所属しているらしく、
コードネームは「雷撃」で、毎日夜になると、俺達の安眠を守るため戦っていたらしい。
俺は正直付き合いたくなかったのだが、向こうからよく話しかけてきて、俺自身も、
そんなに友達は多くなかったし、内気な子だったから断り切れず、よく一緒に遊んだり
した。彼は日常でも極めて挙動不審で、授業中いきなりブン!と何もない所に裏拳を
かまし「そんな程度じゃ、俺には勝てないぜ」と一人でつぶやいたりしてた。同級生は
そんなB君を気味悪く見つめるのだが、俺が思うに、それは悪霊がB君を乗っ取ろうと
企んだのを、彼の気を込めたパンチ(サンダーパンチ)で撃退し、悪霊の野望を打ち
砕いたのだろう。挙動不審なB君だが、一番多いのは上で書いたパターンで、学校で
昼間から地獄勢力の拡大を目論む悪霊団と戦っていた。いつも虚空に向かってパンチや
キックをしていた。俺はB君がとても怖かった』

鉄郎「こういう態度の友達と付き合うって、大変なんだろうなあ?」

住人63『俺が行っていた高校は制服のない学校だった。喪の俺でも服装にはポリシーが
あり、毎日全身黒ずくめの格好をしていた。自分では飛影を意識していたので、飛影の
持ち味であるスピードを真似するため、一つ一つの行動を必要以上に素早く行っていた。
いつの間にかあだ名が「ゴキブリ」になった』

メーテル「これであだ名が『ゴキブリ』って言われるのは可愛そうな気がするわ…」

252 :水先案名無い人:2007/11/14(水) 22:22:37 ID:WJH4Q9q10
(惑星 邪気眼 の続き)
住人64『高校生の時に謎の組織に雇われた殺し屋を演じていた。常に黒い皮の手袋を
着用、昼休みに屋上へ上がり(俺の好きな娘が屋上で弁当食べるのを知ってたから)
その娘のすぐとなりで、あくまでも相手に気づいてないふりで携帯を取り出し、「この
時間帯は電話しないで下さいっていったじゃないですか」「ええ、わかってます。今日中
にヤるから大丈夫ですよ」「またですか…? まぁ、金さえ払ってもらえば結構なんです
がね。で、次は誰です?」とか一通り言った後、体を震わせながら「クックック・・・」
と薄ら笑いを浮かべてた。なぜかそこでその女子が俺の行動に興味を持ったらしく、
「ねぇねぇ、今誰と喋ってたの?」って、聞いてきたから俺は思わず調子に乗って
「言えないよ…言ったら君を消さなきゃならない」と言っておいた。相手は全く理解
できなかったようで、ハァ?みたいな顔をしてた。そこで俺は相手の顔をじっと見つめた
あと、決意したように携帯で架空の番号に電話をかけた。「…もしもし。すいませんが、
さっきの話、無かったことにしてください」「ええ、金もいりません。もちろん警察に
言うつもりもありません」「死ねない理由が出来たんですよ… 俺はこの人を守ら
なければならない」と言って電話を切った。自分ではカッコいいと思っていたが、なぜか
それ以来いじめられる様になった』

車掌「こういう演技って、中途半端だとかえって疑われるんですよねえ」
(まだまだ続くのよ… >250メーテルさん、連絡ありがとう…)

253 :水先案名無い人:2007/11/18(日) 21:19:26 ID:Jdp5mqGZ0
(惑星 邪気眼 の続き)
住人65『知り合いの餓鬼がおそらく中2病。(当時19歳)輪島信者で世界王者志望・
一応ボクサー・弱いタイ人とばっかり戦いまくり。元チャンプでタレントやってる親友が
いるって言ったらどうしても会わせて欲しいと懇願された。プロの目でオレの拳を批評
して欲しいと。なぜオレが亀頭と馬鹿にされるのか理由を知りたいと。あんまりしつこい
から元チャンプの親友と会う機会をセッティングしてやった。そしたら元チャンプの親友
に向かって自分を語る語る。「世界中でオレほどボクシングに詳しい人間はいない」
(親友苦笑い)「オレほどシャドーやってるやつはいない。100回はやってる」(100回
くらいだったらうちのかーちゃんだってやってる。蛍光灯のヒモに向かって)「オレが
詳しいのはストレートだけじゃない。ローブローも多分びっくりするくらい詳しいと思う。
ロベルト・デュランは天才だ」(親友ニヤニヤ。あえて『デュランのどういうところが
天才だと感じる?』といういじわるな質問はしないてあげていた)「オレはボクサー
だからパンツにもこだわりがある。だからマイパンツは肌身離さない」(とリュックの中
からマイパンツを取り出す。親友噴き出すのこらえてた)「マウスピースにもこだわりが
ある。だから持ち歩いている。オレのアイデンティティだから」(とリュックの中から
マイマウスピースも取り出す。親友悶絶)「オレのパンチを見たら多分驚くと思う。
オレのパンチはボディーと金的の融合体だから、元チャンプの人にも反則とわかると
思う」(と気持ち良さそうにシャドーを始めるが素人レベル。声だけでかいが型が
デタラメのうえにスピードがあまりに遅い)「どうですか、オレのパンチ。オレ世界王者
になれますか」(親友、『ベルトを防衛するということは大変だよ。ボクシングは趣味に
とどめて普通の仕事をした方がOK牧場』と諭す)「嫉妬しとんか。醜いわ」』

車掌「この自称ボクサーはあのお騒がせの親と3兄弟のことでしょうか?」

254 :水先案名無い人:2007/11/18(日) 21:24:45 ID:Jdp5mqGZ0
(惑星 邪気眼 の続き) 鉄郎「ちょっと変わった記録を見つけたよ」

聖書は中学で理由を読むことでした。次に、ミサ旋律はラテン語に気付くのにおいて熟練していました。そして、それはそれを巻きました。それは、一言で言えば歌への私が音楽
に祝福された神子であったという考えと言語であり、また、いつの間にか教室で楽譜を
読み始めました。「ミュージックルームピアノが、レクイエムだけがプレーされるので、
心が私と叫びに公開されると思う、それ」植物は泣きます。「…気持ちが」 利益Itが
プレー話であることであるということである汚い男性から傷を受けます。言います…
Uwar アンティークで、美しい結合での本は別のものに持ち歩かれました。私は、聖書が
欲しいと思いましたが、それは好意のカバーのものです。 ピアノの正面で本を開いて、
それが何であったかをよく理解しないじゅもんは言われました。当然、友人は全く
いませんでした。高校にコーラスクラブを入れるとき、それは目覚めました

メーテル「この記録… もとは英文で、それを日本語に無理矢理訳したみたいね…」

住人66『小学校の頃、何かの超能力マンガを読んで、俺にも霊感があったらなぁと
思い始めるようになる。ある日、廊下でふと、自分が特別な能力を持ってるかのように
振舞いたくなり、隣歩いてた友達に「なんか嫌な予感する」って言ってから、何かを
避けるようにして、その場に勢いよく座り込んだ。何もなければよかったんだが、なんと
俺がしゃがんだ瞬間、本当に後ろから上履きが飛んできていて、俺は空気の流れで上履き
を感知したということになった。偶然とは言え、俺は瞬間的にヒーローになった。しかし
その代償は大きく、卒業するまで定期的に後ろから上履きをぶつけられる事になった』

メーテル「この人は災難だったわね… 厄払いした方がいいと思うわ…」
(まだまだ続くのよ…)

255 :水先案名無い人:2007/11/21(水) 21:20:41 ID:ika2NpSW0
(惑星 邪気眼 の続き)
住人67『中学の頃、教師からの評価を良くしたかったのと、ケミカルな雰囲気が格好
いいと思い込んで理科室の手伝いを良くしていた。(といってもゴム栓に穴をあけたり、
ビーカーを掃除したりする程度) でも当時の俺は、自分がだんだん子供ながら天才的な
化学の知識を持つすごい奴だと勘違いし始め、ある日友人を無理やり誘って理科室に忍び
込んだ。そこで適当な物質(っつっても多分ふっとう石とか)を指で触りながら「へえ…
○○先生もなかなか良い物を仕入れて来るんだな」 とか言ってたり、適当な薬品の入った
瓶を傾けて「ははっ。ちょっと調合の具合がおかしいかな。ま、授業用には十分か」
とかほざいてた。友人は当然ハァ?って感じ。それでも俺はおかまいなしに「ふん」とか
「ははっ!」とかやってた。そんで一番奥の戸棚を開けて急に表情を変え、「!!これは!
○○先生!いったい…!なんて物を!何をしようとしてるんだ!」って言ってみせた。
友人も驚いて「それそんなヤバイの?」って聞いてきた。俺は「こんなの黒の教科書の
挿絵でしかみたことないぜ…!それなら、もしかしてこっちの瓶は!?」って別の瓶を手に
取って嗅いだ。そしたら、それはなんか刺激臭を発する化学物質だったらしく、(手で
あおいで嗅がなきゃいけない奴)直嗅ぎした俺は「エンッ!」って叫んで鼻血を勢いよく
噴出しながら倒れ、友人に保健室に運ばれた。俺は助かったが、どうやら俺の友人が変な
勘違いをしたらしく「××(俺の名前)は黒の教科書に乗ってる毒物に感染したんです!」
ってふれまわっていた。それ以来俺のあだ名は毒物くんになった。当然もう理科室に行く
事は無くなった』

メーテル「ちょっと危ない薬品のふたを開けていたら、この人… 死んだかも知れないわ…
 危ない体験だったわね…」

256 :水先案名無い人:2007/11/21(水) 21:27:35 ID:ika2NpSW0
(惑星 邪気眼 の続き)
住人68『カノッサでバイトやってます。スカウトのきっかけは家庭での能力発現だった。
名はフェイントザヘル。昔、俺は親の愛というものに飢えていた。ある日、心配させて
やろうと心臓発作のフリをした。「ハッ!ハッ!ハッ!心臓が!」「ヒュー!ヒュー!
息が苦・・し・・い」時間にすると30分ぐらいか。そんな俺の擬態スキルに母は冷徹
スルー。妹は爆笑していた。そんな俺は、今では立派な絶縁状態の大卒フリーター(25)
です。もうすぐ契約期間切れます』

車掌「カノッサでバイトしても、あまりいいことは無さそうですね」

住人69『中学生のころ漫画の影響で自分を魔法少女だと思い込み、自転車にエルファと
いう名前をつけパトロールと称して走っていた。もちろんエルファは意思を持ってる設定
でいつも会話をしながら走っていたが、外から見れば完全な独り言。ある日商店街を
猛スピードで走りぬけ(おそらく魔物を追っていた)大転倒。あまりにすごい転び方
だったため、近くの人がエルファをおこしてくれ助けてくれた。私は膝と腕を擦りむき
ひどい有様だった。しかし注目を浴びて恥ずかしかったのか「エルファったら暴れん坊
なんだから」とハンドルを叩いて「行くよっ」と颯爽とまたがりその場を走り去った。
それからすぐエルファは盗難にあってしまい、学校を休んで探しても見つからず、
見かねた親に新車を買ってもらい「風神」と名づけ、公園でエルファの思い出話を
聞かせていた。あの時助けてくれた人お礼も言わずにごめんなさい。商店街猛スピードで
走ってごめんなさい』

メーテル「このコメントを聞いてて『魔女の宅急便』を思い出したわ…」
(まだまだ続くのよ…)

257 :水先案名無い人:2007/11/23(金) 19:20:28 ID:q9yMTOY10
私の名はメーテル……
新たな惑星にも降り立つことが出来るようになったわ

…………………鉄郎、あなたその本は……
いえ、なんでもないわ……
人はそうして大人になるのね……

私の名はメーテル……
新たな惑星にも誉れあれ、と祈念する女……

私はメーテル…@同人板
ttp://anime2.2ch.net/test/read.cgi/doujin/1195806129/l50

258 :水先案名無い人:2007/11/25(日) 20:54:17 ID:Fx0Kk3uV0
(惑星 邪気眼 の続き)
住人70『中三の頃テニスの王子様がアニメ化してテニス部部員が激増したんだ。副部長
に選ばれた俺は表面上はテニスの王子様をヲタ臭ぇとかキモがってウザがってた。しかし
家では単行本全巻揃えちゃってなんかもう全国とか行く気満々だった。家の近くにコート
があってそこで知らない人に勝負挑んじゃったりしてたんだ…そう強いってワケでも
なかったのに。そりゃもう、家から近いから休日は友人と、学校ある日は一人で朝早くと
夕方から夜まで毎日のように行ってさ…「とりあえず勝敗は関係なくただ勝負ができれば
いい」とか好戦的なキャラ装ってたんだ。狂犬とかそんな風に呼ばれるのが当時気持ち
よくてさ… 最近弟に聞いたんだがコート独り占めしてる奴がいるとか小学校でも
言われてたらしい。俺がギャラリーだと思ってたガキ共も迷惑してただけだったん
だろうな… で、中二病スポーツ少年と言えば必殺技だろ?やっぱり俺も作っちゃってた
ワケですよ。奥義「白虎」…スマッシュを誘う中途半端なロブの後一気にネットまで
詰めてスマッシュを超至近距離で返す…ガキの頃やってた剣道の動きと反応を生かして…
とか友人には説明してた。いきなり剣道と同じ構えで突っ込むとか正直馬鹿ですね。ああ
死にてえ…。中学最後の試合…まぁ小さい大会の予選だったんだが2対2で俺の試合で
勝敗決まる状況だったんだが、なんかあっさり負けそうになってここ落としたらマズイ
って時に「…見せてやるよ!」とか言って奥義を発動するべく緩いロブ打とうとしたんだ。
そしたら空振っちゃってさ… 殺して!誰か俺を殺して!』

メーテル「『テニスの王子様』のプレイって、普通の人には出来ないことだらけだから、
 あまり真に受けない方がいいと思うわ…」
鉄郎「仮にロブを上げるのなら、強烈なトップスピンをかければ、簡単にスマッシュは
 決められないそうだよ」

259 :水先案名無い人:2007/11/25(日) 20:57:07 ID:Fx0Kk3uV0
(惑星 邪気眼 の続き)
住人71『高校の時美術部だった私。たいして絵が上手くもないのになぜか制服にわざと
油絵の具で派手に汚れをつけ『なりふりかまわず絵を描く私カコイイ』を演出。油絵の具
なので落ちることはなく臭く汚い制服を3年間着用。爪の間にも油絵の具をつけて制服の
着こなしはヒザ下スカートに白のくるぶしソックス。ひっつめ髪に銀縁めがね。『絵以外
のことは無頓着なストイックな私』をアピール。当然友達は出来ず、先生すら気味
悪がって注意してこない。調子に乗った私は、紺地の制服なので汚れが目立たないんだ!
と思い、ついに白衣を(これもわざと汚して)着用。背中に天使の羽を描き廊下を闊歩。
しかし授業中は着れないという小心っぷり。昼休みは教室で白衣を着てミュシャの画集を
開き、時折親指と人差し指で「」を作り「この構図面白いわ・・・フフ」などと言い
ヘタクソなデッサンを始めたり、他の部員が賞を取るたび「学生向けって苦手なのよね…」
などとのたまっていた。一般の部に応募経験なんてもちろん無し。体育のバスケで右手を
捻挫したときには保健の先生の前で「すぐ直りますよね、描けなくなったら死んじゃう
よぉぉ!」とマジ泣き。こういうくだらない文化レベルの低い現代に生まれたことが
悔しい… 真に才能ある人が認められないで、くだらない音楽くだらない映像くだらない
映画ばかり。まるでピカソみたいな心境だった。ほんとくだらない人間ばかりくだらない
社会、とか何とかやってたくせに結局普通の大学(経済学部)に進学。芸術という病に
侵されてた3年間、実にもったいない高校生活だった』

車掌「この人、今でも趣味で絵画をやっているんでしょうか? ちょっと気になります」
(まだまだ続くのよ… >257メーテルさん、連絡ありがとう…)

260 :水先案名無い人:2007/11/28(水) 22:23:56 ID:2sHNy6aI0
(惑星 邪気眼 の続き)
住人72『髪を微妙な色にするのがかっこいいと思ってた。で、迷った挙句、美容院で
薄い緑色(グリーンアッシュだったか)にしてもらった。やたらと『フッ』と鼻で
笑ったり、『甘いものは苦手なんだ』と貰ったことも無いくせにバレンタインデー前々日
から言ってみたり。とどめに『ウチは北海道に牧場があって、よく乗馬もする。馬は白馬
で名前はシャイン』と嘘ついてみたりする。しかし、高校の卒業旅行が北海道で、かねて
から俺の言動に疑問や怒りを持っていたクラスメイトが『はやくお前の牧場に案内
しろよ』『お前の牧場ってどこだよ、地名言ってみろ、地図で探して行くから』とやや
キレ気味に言う。『フッ、何でお前らにそんな個人情報を言わなければならないんだ?
個人情報保護法を知らんのか?』と言い返す。が、翌日に乗馬を体験できるところに
連れて行かれ、進退きわまった状態に。クラスメイトが15人ほど見てる前で勢いよく
飛び乗ろうとして反対側に落ちたり、手綱の持ち方が違ったり、馬が前に進んでくれず
『ハー!』『ヤーーー!』と大声をだすが、それでも馬は前に進まない。係員に『そんな
大きな声だすと馬がビックリするのでやめてください』と注意された。その場で馬糞を
食ったらチャラにしてやるといわれ、ダンゴ状の馬糞を食った。その後土下座させられ、
5万円以上の焼肉をおごらされた。白馬の王子を気取ってた俺は今や、ただ馬糞を食った
ニートというわけだ』

メーテル「この人も変に見栄を張らなければ、ひどいことにならなかったと思うけど… 今
 言っても遅いわね…」

住人73『中学生の時、闇とか血とかがカッコいいと思って血塗られた闇魔術(勿論
そんなもの存在しない)を研究してた。友人に「君も血塗られた闇魔術を研究しない
かい?」と誘ったり、女の子に「君は僕の血塗られた闇魔術で幸せになれるよ(俺なりの
決めゼリフ)」とか言ったりしてた。(続きます)

261 :水先案名無い人:2007/11/28(水) 22:31:30 ID:2sHNy6aI0
(惑星 邪気眼 の続き 台詞も続いています)
ある日不良グループのリーダーの彼女に上の決めゼリフを言ってしまい、不良グループが
家に突撃してきた。俺は超ガクブルで兄貴に助けを求めたんだけど兄貴は「血塗られた
闇魔術とやらで応戦しろよwお前はどうなってもいいけど家には上がらせるなよw」と
ニヤニヤ。仕方無いので全身真っ黒装備で杖(100均で売ってた)を天高く掲げて玄関
から颯爽と登場。登場から3秒でKO。それでも懲りずに「闇よ!血よ!我に力を授け
たまえ!!!!」と絶叫。兄貴も加わって総リンチ。やっと開放された時にはボロボロの
ボッコボコになってた。同窓会で知ったんだが俺は信仰宗教の勧誘をしてるんだと
思われてたらしい』

住人74『幼稚園の頃、俺は彼と知り合った。彼曰く、空にはドラゴン(彼の趣味的に龍
ではなく竜)が住まう大きな城が存在し、世界を見守っているという。その城へ行くこと
は勿論のこと、見ることも普通の人間には不可能である。可能なのは、選ばれた戦士のみ。
そして、彼はその選ばれた戦士の一人だという。遊んでいて夕方になり、彼の家から
帰ろうとすると自分は城へ行くと言いだす。幼いながらも「そんなものがあるなら俺らも
連れてけ」と抗議するが断固拒否。後日、彼は戦士として覚醒したらしく、事あるごとに
「〇〇ドラゴン(〇〇には自分の苗字が入る)」と名乗りをあげていた。彼の説明によれば、
体に戦士にしか見えない黄金の鎧(年齢が年齢なだけに、当時はキンピカパーツと呼称
していた)をまとっており、その防御力の前ではミサイルですらも通じないという。
そんな彼はただいま一浪中で警察官を目指している。当時のことを話しても恥ずかしがる
様子は一切見せない。〇〇ドラゴンと呼んでも、普通に名前を呼ばれた時と同じ反応だ』

車掌「この惑星は取り憑かれた人だらけですね」(まだまだ続くのよ…)

262 :水先案名無い人:2007/12/02(日) 21:46:03 ID:lLr/CZQK0
(惑星 邪気眼 の続き)
住人75『中学の頃、漫画に影響されて自分は「現実と異世界を行ったりきたりしてる
少女」という設定だった。細かな所は忘れたけどやれ異世界に危機が迫ってるだの
そのために救世主として呼ばれただのまで設定づけて。机に突っ伏して寝ていて友達に
「寝不足なの?」と聞かれると「うーん・・・昨日は朝方まであっちに行ってたから・・
あっううん、何でもないの忘れて!」とのたまった。本当は深夜ラジオ聞いてて眠かった
だけなのに。友達が「なにそれ?あっちってどこ?」と突っ込んで聞いてくると心の中で
ニヤリとしつつ「お願い、聞かないで・・・じきに全て分かる時がくるから・・・」と
寂しげな表情で呟く。しかも脳内異世界には脳内恋人がいて、時空を超えた愛カコイイ!
と思い脳内恋人からもらったという設定のシルバーリングを常に身に着けていた。本当は
路上で外国人が売ってるパチモンアクセのくせに・・・そのリングをうっとりと
見つめ「これがあの人と私を繋ぐ唯一のものなの・・・」と呟いたり、先生に没収され
そうになると「先生まで私たちを引き離そうとするんですか!」とクラスで大騒ぎ。多分
一年くらいやってたと思う。友人達も先生達もあきれ果て「あーハイハイ、またか。」
みたいな反応になったので異世界に行くのはやめた。恋人は死んだ事にした』

鉄郎「僕には脳内恋人って理解できないよ」

263 :水先案名無い人:2007/12/02(日) 21:53:28 ID:lLr/CZQK0
(惑星 邪気眼 の続き)
住人76『昔自分は古代エジプトの占い師の末裔だと信じていた。いつもタロットカード
を持ち歩いて、やりかたも知らないのに適当にカード引いてぶつぶつ言ってた。当然気味
悪がって人なんか寄ってこない。興味本位で寄ってきた奴もいたけど「これ古代式だから
精神削るんだ」とかいって追い払ってた。たまに授業中もやってて「いつまで
やってるの!」と先生にカードを没収されそうになった。「あなたに1の幸せと100の
不幸がありますように」って気持ち悪く言ったら返してもらった。1年やったかな。
その先生事故ったんだよマジで。それからもっと人寄ってこなくなった』

メーテル「タロット占いも、不幸が当たると怖がられるものね…」

住人77『中学の頃おれは友達いなくてさ、親には知られたくなかったから俺は自分宛に
クラスメイトの名を騙って年賀状出してた。親も「○○、こんなにきてるよ」とか言って
ばれない上にちょっと喜んでた。で、調子に乗った俺は翌年好きな子の名前で自分に
「あけましておめでとう。今年はもっと仲良くなれるといいね。3学期から一緒に帰り
ませんか?」みたいなことを書いて送ったのよ。しかも届いたら親にわざと見られるよう
にした。そしてすっかり忘れた頃に授業参観があったんだけど、友達がいない俺は授業が
終わってそそくさと帰ろうとしてたら親が例の好きな子に話しかけてんのよ。嫌な予感が
して聞き耳たててたら、親が「年賀状ありがとう。○○をよろしくね」ってうわあああ』

車掌「偽の年賀状を書くって言うのも勇気が要りますねえ」(まだまだ続くのよ…)

337 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)