5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

日本の特異な教育システムではsuperな選手は生まれない

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/16(木) 15:49:16 ID:dner7qTI0
「目立つもの」は生意気。
こんな教育システムじゃ、突出した選手なんて生まれるわけがない。

自分はよく海外へ行くが、日本に帰ってくると
とても日本は異質な国だと実感する

カンナバーロも言っていたが。皆が皆軍隊蟻のように同じような行動をする。
見ていてFUNNYといっていた。ホント情報操作で毒されたこの国の
教育システムはおかしいよ。

こんな土壌では突出した選手が生まれるわけがない。

乾も石塚のように消えるだろうな。

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/16(木) 15:54:04 ID:np8GJhHg0
そりゃ目立とうって奴は、より目立てる野球をやるもの


3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/16(木) 15:55:27 ID:dner7qTI0
アヤックス留学をした岡野が興味深い事を言っていた。

岡野「オランダと日本を比較すると指導スタイルがかなり違う。
日本では修正修正ばかりの引き算方式だが、こっちは
いい所、自分が突出したところをフォーカスしてくれる」

修正修正、これじゃ強くなるわけがないよな。

4 :_:2007/08/16(木) 15:57:28 ID:tVawh52D0
みんな一緒がいいYO。
目立つ奴はむかつくお。
底辺に合わせるのが日本クオリティだお。
それでも経済力は世界2位だお。

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/16(木) 15:57:35 ID:r6DDHu7x0
日本ってより日本サッカー界の問題だわ

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/16(木) 16:00:14 ID:dner7qTI0
>>5
日本とリンクする話だと思うけど。

いやあ、部活レベルだけどホントそれを強く感じた。

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/16(木) 16:03:48 ID:wdkfJnSi0
指導者がもっと海外で学んでこないと駄目


8 ::2007/08/16(木) 16:15:06 ID:1Q/zrjaR0
日本独自のスタイルを模索、とか言う前に水準そのものを上げる必要がある。

9 ::2007/08/16(木) 16:23:04 ID:/cADaonnO
中学の外国人英語教師をコーチライセンス持ってる人しか雇わないようにすれば
サッカー少年は英語覚えるし、ある程度の指導は受けれるし
世界に通用するために必要となる語学や技術は部活でも得られるようになると思うんだけど

この国の上の人にはアイデアがない
英語しか話せないだけ日本観光がしたいだけの普通の外国人に高い給料払うなとw


10 :代打名無し@実況は実況板で:2007/08/16(木) 16:26:44 ID:F0JeRYdRO
>>1
問題はその目立つ物が実はいずれも糞ばかりという事
中田氏、茸など枚挙に暇がない

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/16(木) 17:08:08 ID:dner7qTI0
ここ十数年でプロリーグができ
ハード面の調和が取れたリーグがある程度確立できた。

だが、その先のことを考えると期待できないんだよね。
もう日本には確立された特異な文化が形成されてしまったから。

指導方法などをみてもその特異な日本文化とのリンクを感じる。
もうだめだろ、固定観念の形成されない若いうちから
海外でやるとかしか道はないんじゃないかna。

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/16(木) 17:14:14 ID:dner7qTI0
例えば巻のように【技術水準は酷いがハートが強い】
このような資質を持った選手が日本のトップレベルで重宝され手しまうまずさ。

ホント、ハートだけじゃ世界で通用しないのよ。国際レベルで点でだめだった
ゴンなんかいいサンプルでしょ。技術水準ありきで考えず。
根性、ハートが重宝されてしまうこのまずさ。

13 :.:2007/08/16(木) 17:14:45 ID:aeRjJepH0
「スーパーな」って最近金田がよく言ってるなw
「スーパーなゴールですよ」とか

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/16(木) 17:16:52 ID:dner7qTI0
選手の資質より【根性、ハート】が重宝されてしまう
現実。これじゃ何も変わらないんだよな。


これも日本特有の文化とリンクする気がする。

15 ::2007/08/16(木) 17:23:45 ID:PPSKrcyL0
まあメンタル弱い奴ばっかだからな
内弁慶というか

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/16(木) 17:25:37 ID:U410fPFn0
メンタルが弱いとかそういう段階じゃないだろ

身体能力も低いし技術レベルも低い

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/16(木) 17:32:42 ID:dner7qTI0
この掲示板も日本特有の文化の影響でしょ。

選手が変わった言動をする→生意気、DQNうざい、→総叩き→選手は萎縮

まあ高原なんかは排他的批判から逃げずに
向き合い打ち勝った事で今の覚醒がある。
高原は尊敬しているよ。日本の特異な文化に勝った。

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/16(木) 17:34:37 ID:U410fPFn0
ああ、掲示板の意見なんかに左右されるようじゃ
メンタル弱いって言われても仕方ないな


19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/16(木) 17:47:11 ID:OBktNuEs0
むしろ逆だよ
日本の特異な教育システムが機能していれば
今頃FIFAランク10〜20位辺りにはなれたんじゃない?
日本人は外国で学んだものを日本流にアレンジした製品が海外で評価が高かったり
欧米列強植民地時代には世界で唯一白人と対等に戦えた有色人種だったんだから
それも世界一勤勉で規律が正しい国民だからこその話。
サッカーってそういうのないでしょ?
外国から教わったメニューをそのまま消化して終わりなんだから。
身体能力が高い外人に勝とうと思ったらそれの何倍も練習しないと。

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/16(木) 17:50:36 ID:dner7qTI0
>>19
新しい考察だ。興味深い。
いろいろな人の意見を聴きたい

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/16(木) 17:54:26 ID:dner7qTI0
日本のリミックス文化はいい文化だと思う。
これをサッカー会の還元できないものか?

>>19も言っているように今の日本サッカーの育成は
リミックスをせず、外国で教わったものをそのまま
取り込んでいるだけにしか見えない。

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/16(木) 17:56:23 ID:OBktNuEs0
>>20
確かに怒鳴ったり出るくいを打つような教育システムは問題ある
でも良いほうに考えれば根性強化やメンタル強化にもつながるし
アメとムチのバランスは指導面で大事なことだけど
日本人が世界で通用してる分野で共通してることは世界一働いて(練習)いること
まずはこれからしないと話にならないでしょう

日本でいい面はたくさんあるよ。
資源もなにもない国でこれだけの経済大国を築き上げたのも人の力なんだから。

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/16(木) 17:59:50 ID:dner7qTI0
>>22
どうでしょう。

>どなる、出る杭は打つ=根性強化、メンタル強化。

これって韓国がやっていた手法だよね?
韓国は頭打ちに感じたので、エリート制度を緩和し
シフトチェンジを行おうとしてるんじゃないかな。

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/16(木) 18:06:26 ID:zNxbUxLm0
>>23
だからその辺りはバランスの問題。
個人的には根性論なんて嫌いで有効性なんてあんまり信じてないけど
今の選手たちを見てるともう少し根性論でしごいてもいいんじゃないかと思う。
根性論とは別で練習は大事だよ。
まだ日本流の練習が見つかってないならとにかく外人より数倍の量をこなさないと
そうしてるうちに過大や修正点も見えてくると思うから。

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/16(木) 18:08:57 ID:dner7qTI0
>>24
なるほど。

個人的には、根性はないように見えるのは自信がないから、
結局、岡野の例を出したけど、

引き算式強化の影響じゃないかと思うんだよね。

日本人ていろんな分野で凄い才能あると思うよ。でも、皆自信がない。
だから覇気がないように見える。そういう感じするんだよね。

26 ::2007/08/16(木) 18:16:51 ID:PPSKrcyL0
根性論とメンタルとはまた違う問題でしょ
いくら才能あったってメンタル弱かったら結局力を出せないし
本番で役にたたない

27 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/16(木) 18:20:25 ID:zNxbUxLm0
>>25
それは今のゆとり世代の問題なんじゃない?
昔の日本人が凄い力があった。
いい意味での日本人の長所を生かしてるスポーツも沢山ある。
自信が無いのは指導法や環境の問題あるけど
根本的な問題は実力がないからだよ。
陸上の例を出すと高橋尚子はレースに出るのが楽しみで楽しみで仕方がなかったらしい。
なぜなら世界一の練習をして世界一実力があると確信してるから、
レースではその力を見せ付けるだけでいいっていう考えになるんだよ。
小出監督は選手を怒鳴ったり怒ったりせずに褒めて育てる。
だけど練習は世界一やらせる。
むしろ世界一の練習をやらせるために褒めてやる気を出させるというべきか。
そうやって頑張って世界一の練習をこなして培った自信がメンタルの強さを作るのだと思う。

28 : :2007/08/16(木) 18:29:09 ID:t75kxaAg0
心配するな。日本も後10年したら上流と下流にわかれ中流層がなくなる。
下流層が一発逆転を狙うにはサッカー選手になるしかなくなるような社会になる。

29 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/16(木) 18:33:56 ID:dner7qTI0
>いくら才能あったってメンタル弱かったら結局力を出せないし

部活レベルだけど練習では神なんだけど、試合になるとポテンシャルを発揮できない
なんて奴は山ほどいた。代表レベルでも練習では世界トップレベルなんていわれていることもある。

それはなぜか?引き算式強化からくる「これをしなければいけない」という焦燥感
が肝なきがする。

試合でも発揮できるスキルは、修正修正な
日本の指導のやり方に問題あるんじゃないかな。
それが、個々のメンタルの弱さにつながる機がするよ。

日本は組織組織で個々に責任を求める強化じゃないからね。
極論を言えば政治家の責任逃れと通汁部分が歩きがする。

30 : :2007/08/16(木) 18:39:38 ID:t75kxaAg0
>>29
> 日本は組織組織で個々に責任を求める強化じゃないからね。

一般論過ぎるな。個人スポーツはどうなのよ?個人で世界に立ち向かってるスポーツもあるよ。

31 ::2007/08/16(木) 18:53:18 ID:/cADaonnO
日本はトーナメント大会が多すぎで真剣勝負の経験が少ない問題まだ解決してないよなあ
小学、中学、高校がリーグ戦主体の方式になれば、また違った選手がでてくっかも


32 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/16(木) 18:57:10 ID:dner7qTI0
>>30
一般論だよ。まあ比率の問題ってこと。

33 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/17(金) 21:03:32 ID:jy2xQJn00
この教育システムじゃ無理だろうな。。。

34 :あか:2007/08/17(金) 21:42:53 ID:yhfOPWCgO
>>19
リーグならその考えでもいいと思うが、練習する期間のほとんどない代表だとそうはいかない。
結局個人の能力とアイデンティティーが必要になる
日本人には足りない部分だな

35 :静岡厨:2007/08/17(金) 22:25:13 ID:7oE8syOJO
乾は外国でも消えると思うw

真面目な流れ切ってすまんw

36 ::2007/08/17(金) 22:29:25 ID:7Qzw9vHp0
そもそも前提が間違ってんじゃない?
選手の能力を上げる大部分がクラブチームや下部組織で行うもので
代表チームとはそこで選ばれた選手をまとめるだけの組織。
よく代表の監督が悪いと言われてるけど、監督の力だけで上澄みできるチーム力なんてほんの数%だし
しかもその監督が去れば0からやり直しなんだから
個人の能力、つまりリーグのレベルを上げないと根本的な解決にはならないでしょう。

37 :          :2007/08/17(金) 22:37:59 ID:g83lD/JD0
日本人は特に日本独自という言葉に弱い。
オシムの日本化しなければならないと言う言葉に魅了されだまされている人間が本当に多い。

日本化なんてする必要ないんだ。ようは強くて勝てれば。
こんな持ち上げるような言葉にだまされる宗教のようなもので簡単にいい気分に
なってしまう日本人の気質が問題

38 :.:2007/08/17(金) 22:41:49 ID:k/BcYw0j0
>>1
教育というかさ・・・ 人種的なものだとは思わないのか?
韓国だってスーパーな選手はいないでしょ。朴店長でスーパーなら高原もスーパーだからな。

39 :          :2007/08/17(金) 22:43:53 ID:g83lD/JD0
つまりは小泉の言葉巧みな演出と一緒だな。

俺らは結果だけ見ていかないといけない。
つまり、情状酌量とかそういったものを見てはいけない。

常にその人の人間性とかを考慮せず結果だけを見通せば
失敗しない。

もっと冷淡冷酷になるべきだ。

40 :_:2007/08/17(金) 22:44:10 ID:Wcc9jVCY0
日本の中で見れば高原もかつての中田も若き日の小野や稲本中村もスーパーだった

よって、そのレベルをジリジリ上げないと
急に世界トップクラスの選手はでてきませんよっと

仮に点数にできるとしたら(ゲームみたいにそんな事現実にはできんけど

世界トップが100としよう
日本平均が50として
日本のスーパーな選手は60〜70くらい

日本の平均が80とかになれば100の選手も出てくるだろうよ

41 ::2007/08/17(金) 22:45:26 ID:7Qzw9vHp0
>>40
そういうことだな。

42 :ヤセル:2007/08/17(金) 22:45:38 ID:2bmaY1u+O
確かに、日本独自とか言われると弱い自分が…

その前に、中田や中村は日本やアジアでは突出してると思うが…
それに、軍隊蟻のような統制がされてるならDF何か崩れそうにないなw

43 ::2007/08/17(金) 22:51:53 ID:ILlHyUpS0
そうなのか?実力あって自然に目立つ奴は確かに周りに潰される事もあるが
実力も無いくせに目立ちたいだけの努力する奴は何故か叩かれずに
しまいは組織の頂点なんてのも、よくあるお国柄。
まぁそこから組織や業界が総崩れの流れに入るが・・・

単純に実力評価が純粋にできれば、目立つ、目立たぬは関係なかろう

44 :_:2007/08/17(金) 22:54:39 ID:Wcc9jVCY0
確かに会社じゃ目立つヤツほど出世するよな

ワーワーギャーギャー声だけデカいヤツが出世したり
おっさん連中が好きそうな「体力だけあります!」で出世したりw

45 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/17(金) 22:54:42 ID:jy2xQJn00
>>43
関係あるでしょ。特に成長過程において。
成長過程の中で、出る杭は打たれるなんて
結構あるんじゃないかな。。

経験者云々言うの嫌だけど、部活レベルでもそれを実感したけどな。

46 :          :2007/08/17(金) 22:56:11 ID:g83lD/JD0
>>43
後は、日本人のサッカー観だろうな。
例えば同じポジションでも
中村のようなタイプだとかトッティのようなタイプだとかあると思うけど、

日本人って中村みたいなパサーが好きそうだろ。
逆にムトゥみたいな一人で決めてしまうタイプは嫌いだと思うんだが。

俺はムトゥみたいなタイプが好きで中村タイプは好きじゃないんだが、
そういう中村タイプをもっとも評価している日本人のサッカー観に問題が
あると思う。

私的には足が速くてなんぼだとサッカー選手は思う。

47 :_:2007/08/17(金) 22:58:59 ID:Wcc9jVCY0
別にドリブルする選手キライじゃないと思うけど日本人

家長水野梅崎は言うに及ばず
かっつての本山前園
今で言うと試合に出てない乾でも人気あったり

結局パサーでもドリブラーでも
シュートがネットを揺らさないから弱いんでしょ

48 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/17(金) 22:59:49 ID:jy2xQJn00
>>47
>別にドリブルする選手キライじゃないと思うけど日本人

いや。「もちすぎ」とか言われて萎縮させる。日本の指導者は。

49 :          :2007/08/17(金) 23:03:37 ID:g83lD/JD0
>>47
日本人は適当に見えるからか、オランダリーグを非難するのが多いけど、実際は
オランダリーグから物凄いオランダ人選手が生まれてるんだよな。

いい加減、日本はメキシコサッカーを目指すべきだとかそういうサッカーから
脱却してほしい。日本はあまりにもパスに偏ってると思う。

ドリブルの技術もない選手がオフザボールの技術を上げるとか考えて走ると言うのは
笑えてくる。

まず最低限がオンザボールのドリブルの技術ありだと思う。

巻とかオンザボールのドリブル技術が平均的なオランダ人とかに比べたら小学生レベルでしょ。

50 :ヤセル:2007/08/17(金) 23:04:07 ID:2bmaY1u+O
アジアカップのイラクのサッカーなんて凄かったな! あのプレスは… まあ、今に凄いのが出てくるよ

51 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/17(金) 23:06:19 ID:jy2xQJn00
>>50
イラクは昔からテクニカルでフィジカルの優れた
こう素材の宝庫だった。戦争が落ち着いて
体系的な育成プログラムを元に強化したら、

アジアで一番凄いかもね。

52 :          :2007/08/17(金) 23:06:40 ID:g83lD/JD0
 「ガンバは相変わらずだな。もっと簡単にサッカーをすればいいのに」
あるJFA関係の指導者はG大阪のサッカーについて、そう語った。
 ハッキリ言ってしまえば、G大阪のサッカーに批判的な指導者は意外に
多い。 〜略〜 G大阪の哲学の礎となるのは、「しかけられない選手は
良い選手じゃない」(梅津監督)と言う考え方だ。 〜略〜 「パス、パスと
言う選手ばかり。まずドリブルができんといかん」「この年代はしかけて
失敗すればいい」と上野山部長も言う。
 ただ、JFA技術部が志向するスタイルは微妙に違う。「ガンバは無理に
ドリブルする必要がないときでもドリブルする。もっとフリーの選手を使って
あげればいい。前の選手を追い越して2対1の局面をもっと作ってあげないと」
と前出の指導者は言う。 〜略

あとは、
その指導者から真っ先に名前が出たのが家長。
"使い勝手”の悪い面もある。その欠点をそういった指導方針で助長して
しまったのではないか、というのがJFAサイドの見解。
JFAサイドの主張もよくわかるがG大阪のやり方は一概に否定できない。
どこもかしこもG大阪のやり方をまねする必要はないが、こういった姿勢を
貫くクラブがあるのは日本の育成年代にとって決してマイナスではない。


ドリブル、パス……そして数的優位。
http://blog.goo.ne.jp/ijdhdy/e/10f47c60324c132f78c54196d2e20e98


>>50
まぁ、守備にしてもプレスするには足の速さが重要だよね。
中村とか巻とか平山みたいなのは初速が遅いからプレスしようとしても
足が遅すぎてプレスにならない。

やはりサッカー選手は足の速さが一番重要だと思う。

53 :_:2007/08/17(金) 23:08:59 ID:Wcc9jVCY0
確かに足の速さは欲しいよな
つか、最近あんまり目が覚めるような快足の選手見ないな
いや、いるけど代表まで上がってこないだけかw

54 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/17(金) 23:09:50 ID:jy2xQJn00
足の速さが重要というけど、
日本人は昔からアジリティに優れているといわれているけどな。。。

この矛盾は何。

55 :          :2007/08/17(金) 23:10:45 ID:g83lD/JD0
Spartak Moscow vs Celtic highlights 07/08/15
http://www.youtube.com/watch?v=i1rElWNe8Yg


ここの失点シーン見てくれれば分かるけど、中村が相手のドリブル速度にまったくついていけず
簡単に振り切られてる。

サッカーは技術じゃなくて初速のスピードがいかに大事かを思い直させてくれるシーンだ。
中村のような初速が遅い選手は、生まれ持った才能がないと思ってサッカー選手になれない仕組みを作り上げることが
日本サッカーの強化につながると思う。

56 :          :2007/08/17(金) 23:15:55 ID:g83lD/JD0
ようするに身長とスピードのどちらかを取るなら間違いなく
スピードを取るべきだと思う。

特に日本のような小柄な民族では。

巻や平山のような極端に足の遅い選手が日本のサッカー選手に存在することが
日本サッカーの進化を遅らせているとしか思えない。

アルゼンチンは背の高い選手も足が普通に速い。
つまり背が高くてもちょっとでも足が遅ければ排他されると言う仕組みだ。
もちろん背が普通の選手でも当然に該当する。

日本もこれを見習うべきじゃないか?

57 ::2007/08/17(金) 23:22:22 ID:GDuB6daL0
そんな特異な教育システムの国から野球ではどんどんスターが出てくるなw

結局は実力がないだけwwwwwww

58 ::2007/08/17(金) 23:25:28 ID:2bmaY1u+O
足ほんと遅いよなw 鈍足がよくサッカーできるよな


59 :          :2007/08/17(金) 23:28:47 ID:g83lD/JD0
>>58
本当にそう思うよw
日本は技術技術と技術を絶対的なものとして褒め称えているが、

私的には技術よりもスピードだと思う。
技術だけでは欧州に行けるくらいの選手にしかなれないと思う。
中村しかり小笠原しかり。

60 : :2007/08/17(金) 23:32:18 ID:L7fRoJbf0
昼間、少年野球がTVでやっていたので少し見ていたら、
1球1球監督を見ながらバッターボックスに入っていた。
少年が野球を楽しんでるのではなく、大人のコマとなっている。
小学生がスポーツを楽しんでいないし、自分で判断しようとしない。
野球だけが特殊なのか、これが日本の少年スポーツ事情なのかしらんが。

61 ::2007/08/17(金) 23:39:39 ID:ILlHyUpS0
>>45
出る杭が打たれるのは万国共通でしょ。
それでも出てくる奴が、世界じゃトップになれる
日本の場合は
そこからマスコミなどがが関係ない話で何故か叩き始まる
それでも負けなければ野村克也になれる
全く気にしない天性を持つなら長島茂男になれる

というような差はあるな。

62 :_:2007/08/17(金) 23:50:13 ID:Wcc9jVCY0
別に教育システムうんぬん問題でもないし
確かに出る杭うんぬんは多少あったとしても
ドコの世界でも外国でもあると思うよな。

結局ジイさんが就任前に言ってた
「責任から逃れる」のが問題じゃねーかと思うんだが

出る杭叩くのは万国共通としても
外人はやっぱり「俺が俺が」ってのがあるのは確かで
主張しないと損してしまうって言う部分はるわけで。

サッカーって言うスポーツではトクに
チームとして戦う上で「ニガテな事は他の得意なヤツに任せる」と言う選択肢もあるので
それが身についてしまってる選手もいるんじゃねーか

パス一本出すにしても、ボール持った選択肢にしても
まずはゴールを狙わないと
大げさな意味ではなく、例えバックラインでボール回すんでも
常に「自分の選択肢がゴールに繋がってる事」は意識しないと
結局それが決定力不足に繋がってるんだろ

どうしても、育成年代でも勝つ事は必要だから
指導者としては効率よくチームを作る上で分業はしてしまうのは分かる
上手いヤツを活かしてチャンスを作って、決めるのは他の選手
上手いヤツを囲んで潰してボールを奪う
それはもちろん必要な事だけど

ある程度のゴマカシが出てしまうし、ゴールと無関係な選手も出てしまう
それが一番の差じゃねーかな

63 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/17(金) 23:50:51 ID:jy2xQJn00
>>61
万国共通でその部分をくくっちゃうのはどうかと。
日本独自の排他性といえばわかりやすいかな。

64 ::2007/08/18(土) 22:21:44 ID:YM300NHT0
自分の蹴り方で伸び伸びプレーできていて、
しかも思ったとおりの所に蹴れてるのに

やれフォームがアレだ、軸足がどうのこうだのとやかく
プレーごとに止められて言われたらそりゃ嫌になるし個性は出ないよ

65 ::2007/08/18(土) 22:36:29 ID:EnDIsIgkO
日本人は見る目ない人多いしね

66 : :2007/08/18(土) 23:01:38 ID:bTosPbHqO
要は教育って概念と育成の概念の違いだな。
厳密には教育システムが特異な訳じゃない。
メリット・デメリットもあることだし、培ったノウハウもある。
今さら否定したところで得るモノは少ない。
スーパーな選手を生み出すシステムという発想がもうダメだ。
スーパーな選手の出現は運だ。現れた時に溢さぬよう、腐らせぬよう
押し上げる。成長の邪魔をしない。
育成するって意識が希薄で、教育するって意識が強すぎる。
指導する側もされる側も。

67 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/18(土) 23:42:21 ID:nNfeB/QJ0
>>66
>現れた時に溢さぬよう、腐らせぬよう
>押し上げる。

だからさー。日本の土壌ではそれができないってことがこのスレの趣旨じゃねーの?
詰め込み詰め込み、修正修正
もううんざりだわ。

68 : :2007/08/19(日) 01:20:01 ID:3oZT8Nj00
イルミナティみたいなこと言ってんじゃねえよ

69 : :2007/08/19(日) 01:20:38 ID:UvSN8fHj0
>>66
それが難しい。
野球の例で悪いけど、野茂投手の独特な投げ方。
普通以上のチームだと指導が入り、並以下の投手になっていただろうな。
弱小放任チームでよかった。
普通は弱小チームにいれば、それだけで腐ることもあるし、経験値が低くなるけど、
よく頑張った。


70 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/20(月) 17:10:06 ID:JJw7LpMj0
>>69
そうそう。比較的に干渉されない弱小チームと
その反対である強豪チームの差ってことだよね。

71 : :2007/08/20(月) 18:27:03 ID:SBsn2hioO
むしろ最近は才能のある選手を甘やかす傾向にあると思う
やっぱ画一的な教育システムだったとしてもその枠に収まらない天才は出て来るわけで
そういう天才でないのなら「お前は特別な人間ではないよ」って言ってくれる人が周りに必要だよ

72 ::2007/08/20(月) 19:22:05 ID:oN/MH8zH0
天才と謳われた小野を叩くスレが突出して65も続いてるのが如実にあらわしてる。
日本に戻ってきた途端これだからな、しかも中身が酷いw
http://ex20.2ch.net/test/read.cgi/eleven/1186122734/l50



73 :-:2007/08/20(月) 19:51:32 ID:Kq8Oubit0
少なくとも、日本サッカーの育成段階における問題点は、
早く選手を完成させようとしすぎな点だな。
トータルで見て、25、6あたりで選手を完成させるようなプログラムに
なっていない。

20歳くらいまでは戦術云々、チームプレー云々じゃなくて、純粋に相手を
かわせる奴、相手をつぶせる奴を上位から選んで試合に出せばいい。
セレクションもそれを基準に。

戦術的な動きやスタミナ強化、肉体強化なんて20超えてから集中的に
やればいい。それまでは徹底的な対人技術の強化。

74 ::2007/08/20(月) 22:03:24 ID:Ar9DurjZO
これはこれは…。

スレタイのアホっぽさとは裏腹に、地味に良スレでしたか…



75 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/21(火) 00:31:10 ID:0U1hmDRH0
>>69
>>70
今メジャーで活躍してるイチローは、一時期オリックスで
「クソ指導者」によってスポイルされかかったそうな。
仰木監督がオリックスに来なかったら、彼の現在はなかった、って説がある。

76 ::2007/08/21(火) 02:07:17 ID:X6tviUjP0
>>1
石塚は別にいいだろw

77 ::2007/08/22(水) 03:24:30 ID:9uhR9stu0
石塚は上手いけどなんだか偽物というか、大物ぶった小物感が漂ってた。
上手いと言っても多分小野とか俊輔の方が100倍上手いんだろうけど。

あの痛いインタビューの動画ないかなあ。

78 :_:2007/08/22(水) 05:09:47 ID:JyVi4XzY0
極端な例だが

日本だと「先生がこう教えるから答えはこうだ。
言われた通りにやりなさい。それが正解だ。間違いは許しません。」

海外だと「とりあえず自分でやってみなさい。間違えてもいいから。
そして自分で正解を見つけなさい。困ったら先生に聞いて見て下さい。
何かヒントを与えよう。それからまた自分でやってみなさい。」

こんな違いがあるような感じ。
いわゆる天才タイプが多く出そうなのはやっぱ海外やね。


79 : :2007/08/22(水) 05:20:07 ID:45O9OYAL0
さすがにそんな事は無いと思うw
だけど、失敗を許さないような空気が漂ってて、
選手が積極性を失ったり、無難なプレーを選んだりって事は多そう。

80 : :2007/08/22(水) 06:03:05 ID:q3ZH9d5C0
いや、むしろ日本の方が個人の失敗にナアナアで、
外国の方が失敗を責めるのに容赦ないような感じ。

つまり、日本人はナイーブで凹み易い。
ぬるま湯につかって育っているから。

81 :    :2007/08/22(水) 16:05:44 ID:21rj7/jI0
失敗は、どっちでも怒られるとして、

海外は、無難なプレーをしても怒られるだろうけど、
日本は、無難なプレーをしておけば怒られないって感じ。

82 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/22(水) 20:46:09 ID:UMFriPx30
「無難なプレー」さえやっておけば
「形は出来ていた」「ボール支配率では勝っていた」って言い訳が成り立つし
マスコミが進んでそう言ってくれるしな…

83 : :2007/09/03(月) 16:20:37 ID:uxjwfxgB0
ミーハーにはブラジルだとかイングランドだとか
あり得ない夢を描いて追わせておけばいい

84 : :2007/09/10(月) 22:47:06 ID:lLA6HSKu0
1976 奥大介/楢崎正剛、福西崇史、山西尊裕    (Qatar)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━【シドニー五輪】
1977 中田英寿、松田直樹、宮本恒靖/柳沢敦
1978 中澤佑二、明神智和/中村俊輔、北嶋秀朗   (Malaysia)
------------------------------------------------------
1979 高原直泰、小野伸二、稲本潤一、小笠原満男  (Nigeria)
1980 遠藤保仁/玉田圭司、市川大祐、中村憲剛
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━【アテネ五輪】
1981 闘莉王、松井大輔、阿部勇樹、鈴木啓太
1982 佐藤寿人/大久保嘉人、田中達也、田中隼磨  (Argentina)
------------------------------------------------------
1983 今野泰幸、川島永嗣/太田吉彰、栗原勇蔵   (UAE)
1984 長谷部誠/成岡翔、藤本淳吾、小宮山尊信
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━【北京五輪】
1985 平山相太、水野晃樹、梶山陽平、水本裕貴
1986 本田圭佑、家長昭博、西川周作、青山直晃   (Netherlands)
------------------------------------------------------
1987 梅崎司/柏木陽介、森島康仁、安田理大    (Canada)
1988 内田篤人/森本貴幸、伊藤翔、エスクデロ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━【ロンドン五輪】
1989 香川真司、金崎夢生/山本康裕、横竹翔
1990 柿谷曜一朗、水沼宏太/岡本知剛、山田直輝 (Egypt)
------------------------------------------------------
1991 菊池大介、原口元気、上村岬、木村一貴    (???)
1992 内田達也/宇佐美貴史、柴原誠、望月聖矢
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━【2016五輪】
1993 山根大輝/

85 :ん?:2007/09/15(土) 17:49:47 ID:49uk4G4h0
>>78
あと、無意識に?はじめから「正しい」答えはひとつだと思い込んでる感じ。

86 ::2007/09/17(月) 14:45:44 ID:qKpAxI2b0
サッカー日本代表を強くする為の社会学
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/sociology/1188714584/
日本サッカー強化には政治の民主化と教育改革が必要です。
選手の育成には教育をかえる必要があります。

教育基本法は安倍氏の粗雑な発言のような「占領期の産物だから憲法と共に改正
しよう」には全く同意できません。安倍氏によるといざというときに公のために
死ぬことができる人材教育をというのです

自民党の愛国心教育は自主性のない指示されたことしかできない人間がふえるで
しょう。少子化も続き、でも移民は受け入れないとなると日本サッカーはもっと
弱くなるでしょう。日本に必要なのは個人主義教育だと思います。

【出る杭は・・】個性的だと叩かれるのが辛い
http://school7.2ch.net/test/read.cgi/edu/1083390258/
個人主義は、個人の人格の独自性と自律性を重んじる立場であり、各個人の持つ
独特な道徳観、倫理、政治的、社会的立場、目標と要求、場の雰囲気に流される
ことのない、一個人としての一貫性のある深く統合された思想と責任ある行動を
高く評価する。利己主義とは他者の自由と人格を尊重する点において区別される。
社会(全体)が、目的や役割を持った組織・集団が複数集まって構成される
“高度な社会”になると、集団主義(山岸俊男のいうところの日本的集団主義)
に傾きが過ぎると、悪い面が浮き上がってくる場面・可能性が多いまたは高い、
とされる。
日本の教育における集団・全体主義的体質-3
http://school7.2ch.net/test/read.cgi/edu/1133128446/

87 : :2007/09/17(月) 16:34:08 ID:uagseoPuO
やはり海外の選手の真似がし足りないんじゃないか??
サッカー部の顧問なんて海外プレーヤーのこと全然知らないぞ
サッカー部なんてJリーグにしか興味ないし
昔の日本は海外に較べてテレビでサッカーやってなかったみたいだし

とは言ったものの、日本はディフェンダーさえ育てればかなり強いはず
ジーコジャパンのコンフェデでは宮本田中が良くやったけど
ワールドカップでは中澤が足を引っ張り坪井が足を引っ張った

88 :_:2007/09/18(火) 01:54:35 ID:e/rYlHys0
言ってることはわからなくもないが、>>1の主張しているのは
「教育文化」とか「教育環境」とかの方が正しい。

「教育システム」というのは文字通り「システム」のことであるべきで
6-3-3で12年とか、大学入試の形態とか、そういうものの話になるべき。

また、この文化だが、「情報操作で毒された」というのも間違い、というか妄想。
この文化は日本が長らく培ってきたもので、江戸時代の文献にもそういう言葉が多い。
300年の太平、武士道、御恩・奉公の文化など、いろんなことが影響してる。
現代に誰かが「情報を操作して作り出したもの」なんかじゃないんだよ。

それを変えることを考えてもいいが難しそうだと思うがな。
それよりも、そういった文化を生かして強いサッカーができないか、という考えもあるんじゃないか。

89 :_:2007/09/18(火) 07:23:48 ID:G/3feXba0
愛国心と滅私奉公精神が日本人の中に復活したらさらに強くなるはず。
俺が協会の会長なら全てのJ選手やユース選手に日本の伝統文化歴史を徹底して掘り込み、それらを守ることを心に刻ませ、愛国心を植え込む。


90 : :2007/09/18(火) 08:24:18 ID:dB9GuM9q0
日本の場合、あらゆるシステムがまだ確立してないだろ
Jリーグ自体もそうだし、選手、審判、監督、スタッフ
こいつらもまだ発展途上
ユースとかの育成だって、システムとしてはまだ確立してない。
それでも、Jリーグ初年度等に比べれば、
だいぶ技術のあるやつが増えてきた
今後頭打ちならともかく、まだまだ伸びる可能性はいくらでもある。
少なくとももう10年は様子を見るべき。

91 ::2007/09/19(水) 05:29:12 ID:8oXvO6g+0
逆だろ
ガチガチの組織教育で全体の力(平均値)が上がった上で
トップの方に頭が柔軟な指導者がいれば、サッカー会のイチローは出る。

ハングリー精神やどっか外国行って成功しなきゃってのがないんだから
強制でやらせないかぎり、ただのお遊びレベルで終わっちゃうのが日本
だと思うよ。

問題はトップの方に頭が柔軟な指導者が極めて稀というとこ。

トルシエ期に自由自由って言い出したのは、ゆとり世代だろ
国力失ったのと同じ間違いサッカーで犯してるだけだよ。

92 :_:2007/09/20(木) 07:36:50 ID:oIz7oNp40
>>70
弱小だからって干渉が緩いわけじゃない。野茂やイチローはかなり特殊な例。
野茂は近鉄入団時、自分の投球フォームに文句をつけないという異例の契約をして入団した。
調整すら我流の野茂に投手コーチから不満が噴出していたが、それを抑えたのが仰木監督。
仰木は「才能があり進む道がわかっている奴はそいつのやり方に任せる、道しるべがわからない奴がいれば道を示してやる」
というコーチ哲学の持ち主だった。
バッティングフォームの矯正を拒み、不遇をかこっていたイチローを抜擢したのも仰木。

野茂はのちにメジャーリーグに移籍した後、アメリカのコーチ陣から
「アメリカならこんなフォームは即座に矯正されてしまう!日本の野球は自由な育成を尊んでいるのだろう」
と驚かれた。

93 ::2007/09/20(木) 11:00:34 ID:qlCptj6xO
酒の早飲みの勝ち負けで先発を決める仰木

94 ::2007/09/20(木) 11:43:43 ID:y2dIgGBEO
日本人は小さいし細いからもともとスポーツ向きではない

95 :ベルカンプノウ:2007/09/20(木) 12:03:10 ID:oR7DqVkiO
日本がメキシコを目指すのは当たり前の事でごく自然な事なのでわ?
同じような体型の選手達が世界の列強相手に強さを見せてる。俺はメキシコの近年のサッカーには凄い勇気を与えて貰ってるんだけども。

96 :.:2007/09/20(木) 12:51:10 ID:hlAmQ9nH0
親戚のおっちゃんが少年サッカーの監督してる。
「代表戦をよく見てるから」っていうふざけた理由で監督にされたらしい。
よく「ドシロートの俺なんかが教えて強くなるはず無い」って嘆いてた。
他のチームの監督も似たようなシロート揃いらしい。
で、たまにJリーグのジュニアユースと試合するらしいんだけど、Jのチームはちゃんとした指導者がいるから、まるでサッカーにならずフルボッコにされる。
そんな感じで負けてばっかりだと、子供達もその親も面白くないらしく、野球とか他のスポーツに流れていくケースが多々あるらしい。
そういった末端レベルでの指導者が育つには、まだまだ時間がかかるだろうけど、最近は子供達の親が基礎を教えてる場合が多くなってきてて、昔に比べてうまい子が増えて、辞めていく子供が減ってきたって喜んでた。
でもジュニアユースにはいまだにフルボッコにされるらしいけどね。

97 :_:2007/09/21(金) 03:04:17 ID:M8U5xQ1g0
>>95
メキシコと日本の体格違うぞ。
日本は背が低いし細いし弱い。メキシコは背は低いが
ゴツクて強い。日本を羽生・水野のを多数派とすると
メキシコは中田英とか家長みたいな体型の奴ばかりだ。
ま、日本も徐々にがっちりした奴少しずつ増えてきてるけどね。



98 : :2007/10/06(土) 10:58:53 ID:T5I83ulD0
ae

99 :.・:2007/10/06(土) 11:15:34 ID:ERySlBfC0
まぁスーパーな選手とやらは今後も日本には出てこないよ、
遺伝子レベルで違うのだから。
それでもブラジルに勝ったこともあるわけで
ああいう奇跡が起きることがサッカーの魅力なんだろ?

100 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/06(土) 12:11:37 ID:YhSTZKmE0
日本の教育システムが悪いんじゃなくて今の日本の教育システムが悪いんだよ
そういう意味では戦前から戦後にかけて日本人が一番力があった頃にメジャースポーツ化しなかったのが痛いね

101 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/06(土) 13:26:11 ID:OqYVXdiv0
経済力(世界経済全体に対するシェア)なら
15年ぐらい前がMAXですけど?


日本人は

「他所より多くがんばって、他所よりいい成果を出す」
(欧米より長時間働いて、欧米よりいい車を作る)

だから、11対11、前後半45分と枠が決められてると抜け駆け
が出来なくて勝てないんだよね(笑)。日本だけ50分プレーできたら
今の自動車工業みたいに世界中を席巻できる(笑)


102 ::2007/10/06(土) 13:30:11 ID:avUzaTLOO
四強制度は鼻糞

103 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/06(土) 13:34:32 ID:YhSTZKmE0
>>101
だから外人より多く練習すればいいじゃん
練習は無制限なんだから

104 ::2007/10/06(土) 14:21:06 ID:stU+WKPTO
最近の親達の子供に対する考え方が「個性」が1番なんだとか…
戦後教育で今の親や監督、コーチも「個性」を大事にやってます。みたいな事を言ってる。
それが間違いとは言わないが、日本版の個性は集団行動が出来た上で、その中から突出したものを個性と呼ぶべき。
甘やかしは悪だし、きめ事を守れないやつはいらない。
大概の代表選手は学生時代、キャプテンをやってるはず。なぜなら日本はうまいやつがキャプテンって風潮がある。
自分が集団のトップをやった事があり、さらに規律の厳しいチームでやっていた選手が代表選手になるべきだと思う。
厳しく意見できない、意見に反発できない、対処の仕方は人任せ…なやつがいまの代表には多いんではないか?
責任感無くして、国の代表になってはいけない!
技術はあって当たり前になってきたなら、次はこういう事を小さいうちから育ててほしいよ。

105 ::2007/10/21(日) 15:38:51 ID:8EUAonF30
日本の集団主義の教育では日本のサッカーは変わらないと思います。
日本に必要なのは創造性と自己判断ができ自分の意思を持つ人間
を育てることな気がします。集団主義教育は支配者層にとっては都合
のよい教育、これを変えるには政治を変える必要があり関心を持つ
必要があります

人間は国家以前の自然の状態において、自由、平等、所有権、安全など生ま
れながら権利(自然権)があると考え、でも自然状態では、これらの人権を
守る事ができないので人々は契約によって国家や政府を作る。国家や政府は
人権を守る為の「必要な害悪」として設けられ、その任務は専ら「人権の保護防衛」
にある。したがって、国家や政府がその任務を果たさず、反対に国民の人権に
干渉する時は国民はそういう国家権力を倒す権利 「抵抗権」、「革命権」を有する
と考えられています。民主主義は法の支配による制度化された抵抗権、革命権
と言えます。

ジョン・ロックの社会契約説と立憲主義
http://www5f.biglobe.ne.jp/~mind/vision/es001/john_locke.html

106 :-:2007/10/23(火) 00:38:49 ID:mVUpntlQO
他の東アジアの国に比べても極端にミスを恐れる。
また少女並みのハズかしがり。

107 ::2007/10/23(火) 14:16:21 ID:TRpy3L1s0
日本では、「協調性」 ばかりが重視され、「個性」 ・ 「主体性」 は軽視されています。
協調性ばかりが重視される社会においては、個人の自由が尊重されず、また、各個人が自分
を見失ってしまって 「楽しく生きる」 ことができません。そして、個人の自由が保障
されていない社会は、最終的には破滅への道を歩むのです。
確かに協調性、チーム・ワークといったものは必要ですが、それらは強烈な個性と個性が
集合し、互いに火花を散らして激しくぶつかり合うような集団に初めて必要になってくる
高度な理念です。ところが、日本の教育では、子どもたちに個性を持たせるステップを
省略して、協調性だけを教育するのです。これでは 「協調性」 の教育もおかしなことに
なってしまいます。
個性を持たせずに行う 「協調性」 の教育は、「協調性」ではなく 「均一性」 の教育で
しかありません。日本には 「協調性」 を 「均一性」 のことだと勘違いしている人が
多いのです。均一性に重きを置く教育というのは、多種多様な考え方を認めない非民主的
なものであるばかりか、多数派がすべてを支配してしまう 「全体主義」 を許してしまう
危険性をはらんでいるのです。
協調性というのはみんなが同じ考えをすることもなければ、集団の中で個人が犠牲になること
でもありません。各個人が尊重され、また多種多様な考え方が共存するというのが真の協調性です。
今日までの日本において 「みんなが同じであるのが望ましい」 という教育方針は、教育をする側に
とって大変都合のよいことでした。 画一的な教育をして、子どもたちを型にはめこみ、均一化して
しまいさえすればそれでよかったのですから。つまり、今日までの日本の教育は教師本位のもので
あって、子ども本位のものではありませんでした。

108 ::2007/10/23(火) 17:56:45 ID:O6A0DqQyO
>>106
むしろミスを恐れなすぎというか
大して問題無い失敗と大問題な失敗との区別がついてないというか
そんな気がするのは俺だけなのだろうか

「ミスを恐れる」とか言う割には
安易に一か八かのプレーに走ることが多いような

109 :.:2007/10/23(火) 18:31:50 ID:1bWiru+n0
気に入らない出る杭を叩いて喜んでるのがお前らだろwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

110 :owo:2007/10/23(火) 20:23:12 ID:97ImWsG50
ラグビーW杯の総括してる記事をいくつか読んだけど、
けっこうサッカーとシンクロしてて面白かった。

世界ラグビーの潮流は
展開のスピードをハイテンポにして、展開した先の『 強い個 』で突破する状況を作る。

決められた役割で、選手の働きを制約するような戦術はとらず、
全員の臨機応変な「 判断力・対応力を組織化 」することで、
展開のスピードと多彩さを追求する。

当然、全員がある程度、ポジションにとらわれない能力・判断力を持っているのが前提で、
それをクリアしたヤツの中から、さらに強烈な個=スペシャリストを生かすように、組織化。

シンキングラグビーを追及することで、「 型にはまらない組織力 」を目指す
「 個人重視の組織力 」の時代だ、ってな総括。

体力、技術、スピードがあるのは当り前で、さらに
状況把握、瞬間判断、創意工夫、全てを発揮するのが、選手全員に求められている。

日本代表の各選手は、瞬間判断 と 独自の工夫 で大幅に遅れをとっている。
知的なアプローチを得意としていたはずの日本は、衰退している。

特に
抜け目のないプレーと連動が日本に欠けているのは
個人個人の
状況把握、瞬間判断、独自の工夫 を考え決断する能力が足りないからだ

って相当に厳しい論調だった。

111 :owo:2007/10/23(火) 20:31:11 ID:97ImWsG50
求められているのは、

「 組織力の質の高さ 」を実現するための「 個のチカラ 」

中でも
考え判断するチカラと、
労を惜しまずポジションに囚われず全ての能力を発揮しきること を強調。

112 ::2007/10/23(火) 20:39:01 ID:tpoIf1QdO
クラブチームの下部組織では違うのかもしれないが、
中高生の部活動でのサッカーは練習量が少ないんじゃないか?
野球部と比べると練習量が絶対的に負けてる。
うちの高校はマラソン大会で野球部に負けてるし!

113 ::2007/10/23(火) 20:41:13 ID:zIPIkxZVO
アメリカ人は日本の野球選手を見て。個性的で日本人は面白いと言ってたけどな(笑)

114 : :2007/10/23(火) 20:56:17 ID:X5hCu34d0
1975 川口能活、田中誠、山田暢久、森岡隆三    (Qatar)
1976 奥大介/楢崎正剛、福西崇史、山西尊裕
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━【シドニー五輪】
1977 中田英寿、松田直樹、宮本恒靖/柳沢敦
1978 中澤佑二、明神智和/中村俊輔、北嶋秀朗   (Malaysia)
------------------------------------------------------
1979 高原直泰、小野伸二、稲本潤一、小笠原満男  (Nigeria)
1980 遠藤保仁/玉田圭司、市川大祐、中村憲剛
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━【アテネ五輪】
1981 闘莉王、松井大輔、阿部勇樹、鈴木啓太
1982 佐藤寿人/大久保嘉人、田中達也、田中隼磨  (Argentina)
------------------------------------------------------
1983 今野泰幸、川島永嗣/太田吉彰、栗原勇蔵   (UAE)
1984 長谷部誠、藤本淳吾/成岡翔、矢野貴章
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━【北京五輪】
1985 平山相太、水野晃樹、梶山陽平、水本裕貴
1986 本田圭佑、家長昭博、西川周作、青山直晃   (Netherlands)
------------------------------------------------------
1987 梅崎司/柏木陽介、森島康仁、安田理大    (Canada)
1988 内田篤人/森本貴幸、伊藤翔、エスクデロ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━【ロンドン五輪】
1989 香川真司、金崎夢生/山本康裕、横竹翔
1990 柿谷曜一朗、水沼宏太/岡本知剛、山田直輝 (Egypt)
------------------------------------------------------
1991 菊池大介、原口元気、上村岬、木村一貴    (???)
1992 内田達也/宇佐美貴史、柴原誠、望月聖矢
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━【2016五輪】
1993 山根大輝/


115 ::2007/10/23(火) 21:29:00 ID:UTzVA/tP0
>>92
こーゆう意見見て思うんだけど
矯正されていたらもっとスゴイ選手になっていた可能性は考えないんだろうか。

116 :-:2007/10/24(水) 23:54:55 ID:ZOZEgo0uO
帰国子女に期待

117 :  :2007/10/25(木) 00:18:47 ID:IQC8jMSX0
>>112
それは学校によるだろう
うちの高校は1位から5位までがサッカー部だぞ

118 : :2007/10/25(木) 01:04:51 ID:xUtFGUtu0
オシムの個性殺しサッカーではsuperな選手は生まれない。オシムが悪い

119 :_:2007/10/25(木) 01:56:18 ID:Qz2SPHB/0
公文式のCMにあったが
日本の算数は2+3=?
海外の算数は?+?=5

これがちょっとしたヒントになってる気がする。

120 : :2007/10/25(木) 03:14:46 ID:Tx6ZwxTF0
公文式というのは海外では存在していなくて
勉強でもスポーツでも基礎を徹底して繰り返すという方法は日本独自のもの
それで成功してる分野も沢山あるけどね

121 : :2007/11/21(水) 04:09:13 ID:Y9BtJqZi0
オランダの育成は状況による歩幅からきっちり決めて基礎を徹底しているが?
イタリアは守備の基礎を少年期からみっちり詰め込むし。
何嘘言ってるの?

122 ::2007/11/21(水) 04:34:15 ID:bfGaIsnaO
>>118
オシムのサッカーを個性殺しって、あまりに安易
念のため聞くが、ジーコは個性を生かしたのか?

123 ::2007/11/21(水) 07:28:41 ID:YPmp5XeF0
みんな違ってみんないい

124 :シュワーボオスタニ:2007/11/22(木) 00:42:17 ID:xgycEZ8PO
>>118
お前なぁ、オシムが率いたユーゴ見て出直してこいや

125 ::2007/11/29(木) 16:44:30 ID:mvJzIkTr0
みんな仲良し教育の欠陥
http://d.hatena.ne.jp/khideaki/20070624/1182650511
内容の一部
みんな仲良し教育が、共同体主義を助長して、個人の主体性を育てることを阻害
するという考えだった。
共同体の中で、よく知り合った仲間が阿吽の呼吸ですごすというのは、その中で
何も問題が生じない時は、非常に幸せな気分をもたらしてくれるだろう。
少々貧乏であっても、助け合って生きていくことに喜びを感じ、何が価値あるもの
であるか、何が善であるかがはっきりと決まっているという安心感を感じながら
生きていくことが出来るだろう。
しかし、このような幸せな共同体は、前近代的な社会で過ごす場合にしか残らない。
近代社会を構成する原則は、このような共同体を形式的には破壊してしまうことに
なる。近代社会は、さまざまな自由が認められ、もはや、生まれてから死ぬまで、
一つの共同体の中で暖かい雰囲気の中ですごすということが出来なくなっている。
共同体の中で安定してすごせる時代ではなくなってしまうのが近代社会というものだ。

みんな仲良し教育は、「みんな仲良し」という規範を強制する教育になる。つまり、
道徳的規範である「みんな仲良し」というものを、ある意味では法的規範のように
強制するという形態を取る教育である。道徳を強制することの弊害がここには現れる。
一般論から導かれる結論としては、この道徳の強制は、より小さな共同体を破壊し、
すべてを学校共同体というものの恣意的な規範に従うように働きかける。
より小さな共同体というのは、気の合った仲間同士という子どもの共同体だ。
本当の意味での仲良しの共同体は、学校共同体的な意味での「みんな仲良し」の中
では存在できない。気の合った仲良しで共同体を作り、その中である種の道徳的規範
に従って、お互いに気持ちのいい遊び方をしていたとしても、その共同体は、気の
合わない仲間は排除するという面をどうしてももたざるを得ないだろう。しかし、
学校共同体の規範である「みんな仲良し」は、この「気の合った仲間集団」というより
小さい共同体の規範を認めないので、これを破壊することになる。

126 ::2007/11/29(木) 16:45:11 ID:mvJzIkTr0
続き
道徳的規範を破っただけで処罰されるような社会では、そこではどのような道徳が
支配しているのかという「空気」を読むことが重要になってくる。道徳であるのなら
それは違う共同体では規範となっていないこともありうるのに、それが法律のように
守らなければならないものになってしまえば、「長いものに巻かれる」という気分も
生まれてくるだろう。個人の主体的な判断が尊重されないというのは、日本社会の
欠点として指摘する人も多い。

小室直樹氏や宮台真司氏は、旧日本軍における議論において、誰もが結果的に負ける
と分かっているような作戦でも、それに負けるかもしれないなどということを言い出す
ことが誰もできなかったということを語っていた。負けるということを言うことが
許されないという道徳が支配していたのだ。負けるかもしれないということは、可能性
として語る限りでは、善悪の範疇にあるものではない。しかし、この道徳が絶対視されて
誰もそれが言えないということになれば、カタストロフ(破局)が訪れなければその間違い
に誰も気づかないということになってしまうだろう。

みんな仲良し教育は、主体性を破壊し、長いものに巻かれるという気分を育てる
ために、合理的判断を主張することを控えさせるという欠点を持っている。
この欠陥は、日本社会のあらゆる場所に蔓延している。みんな仲良し教育の効果の
大きさに驚くほどだ。しかし、いまや学校教育も、その内部でカタストロフ(破局)
を迎えているのではないかとも感じる。ようやく、この教育の欠陥が誰の目にも
明らかになってきたのかもしれない。

127 :あほ:2007/12/02(日) 02:31:42 ID:/4dYgZ+6O
雑誌に書いてあったが日本は若い時に苦手を克服させようとする傾向が強いらしい。対して南米やヨーロッパでは長所を伸ばす教育をしているらしい。

128 ::2007/12/02(日) 09:20:49 ID:9y56wWqjO
>>127
長所を伸ばす指導が悪いとは言わないが、
それで生まれる選手は例えば平山の様にバランスの悪い選手であり、
ユース五輪を見る限り、そういった選手を使いこなすだけの指導者を欠くのが現状。


129 :_:2007/12/02(日) 09:35:29 ID:KQCNVmg+0
長所を伸ばす指導そのものはいいけど、
競争環境やチャンスの配分をサボって、エリート固定しちゃうから駄目だよね

130 :あほ:2007/12/02(日) 12:15:55 ID:/4dYgZ+6O
長所は延び盛りのときに伸ばして、短所はある程度めを瞑る。ただ全員がプロに為れる訳じゃないから、それを解らせ人間としても成長させなきゃいけないと思う。ただ今の日本に出来るかどうか…

131 :ナイスな一言:2007/12/02(日) 12:48:48 ID:esDqMx3lO

>>108は鋭く本質を突いてるね☆




51 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)